佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

意志力は減るというよりも節約される

意志力が使えば減るエネルギーのようなものなら、それをできるだけ「温存」することが有効な戦略になる。

『スラムダンク』の流川君が、バスケの試合で前半を捨て、後半に集中したようなものだ。

しかしそれでは朝はたっぷり寝坊し、会議にはいつもギリギリで行ったほうが意志力は効果的に使えるという話になる。

ダラダラしている同僚を見て「もしかしてあいつ……午前中は捨てたのか?」などと思う人がいるだろうか? 

午前中ダラダラしている人は、午後もずっとダラダラしているものだ。

 

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

 

 

 書き方がさらさらとこなれているから思わずスッと納得してしまいそうになりますが、私はここに異論があります。

上記引用は「MPは意志の力を発揮するにつれて減じられるから、使ううちに意志力が発揮されにくくなる」という意見に対する反論なのです。

「朝はたっぷり寝坊し、会議にはいつもギリギリで行ったほうが意志力は効果的に使えるという話に」はならないでしょう? と疑問を呈されているのです。

意志力は、単純に「量」だけで計れはしないというのは、たぶん本当だと思っています。多ければ使える。少なければ使えない。それほどシンプルではないのです。

私がMPという概念を通していいたいことは、多くても節約される。少なければいっそう節約される、ということです。

「午前中ダラダラしている人は、午後もずっとダラダラしているもの」かもしれません。大いにありそうな話です。しかしそれには、本で書いてもウケそうにはないけれど、込み入った説明が必要なのです。

そもそも、午前中ダラダラしている人はMPが少ないのかもしれません。これはこれで説明できます。この人は、通勤電車でMPを使い込んでいるので、脳は「厳しい節約モード」をかしているのでしょう。

他にもこういうことがあります。ダラダラしている人は、モチベーションが低いのかもしれません。モチベーションは、MP投入に対する見返りへの期待に左右されますMPに余裕があっても、だから投入できるという理屈にはならないのです。そもそもMPは貴重であり、脳は一貫して節約モードであることを忘れてはなりません。

投入したところで大した見返りはない。モチベーションの低いビジネスパーソンは、みんなそう思っているから、大目にある朝イチだろうと、少なめの残業タイムだろうと、一貫してダラダラするのです。

朝寝坊して、午前中を「捨てた」としても、MPが豊富にあるとは限りません。慢性的に寝不足であるということは大いにあることです。こういう人でも、午前はもちろんのこと「午後も捨て」て、3連休の夜になれば冴え冴えとして、MPをたくさん投入して、暑い中、海の見える居酒屋まで車を飛ばすかもしれないでしょう。

節約モードの脳がなぜそれを許すのか? 見返りがハッキリしているからです。

では、佐々木典士さんのような方は、どうして辺縁系がどうした、前頭葉がこうしたといった、込み入った本を延々書き進めたりできるのでしょう? 脳の作りが違うのでしょうか? 佐々木さんの脳は、節約モードに入らないのでしょうか?

そんな事はありません。誰の脳にしても節約モードです。しかし、見返りがあればそのかぎりではありません。上記引用の本の帯を見てください。著者累計45万部です。そういう「見返り」が得られるほどの本が書けるなら、MPを投入することもやぶさかではない。と持ち主の脳は計算します。

長期間かかることにMPを投入したいのならば、その見返りが確実であることを自分自身に明らかにしなければならない。それしかありません。

 

やる気クエスト(1) (純コミックス)

やる気クエスト(1) (純コミックス)

 

 

 

一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方

一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方

 

 

行動できない理由。不安

ひょんなキッカケで、TwitterのPRかな、『メーテルの気持ち』を大人買いして読んでしまいました。この先生は有名な方ですよね。名前はなんとなく知っていましたが、作品は初めて読みました。引き込まれました。

 

め〜てるの気持ち 1 め?てるの気持ち (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

め〜てるの気持ち 1 め?てるの気持ち (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

この作品はあくまでもラブコメです。どこまで深刻にとるかですが、そこまで深刻にとることは、たぶん求められてないと思います。

でも私はこの種のテーマに深刻になりすぎるんですよね。そういう性格的な弱さがあります。

f:id:nokiba:20180713184938p:plain

 

め〜てるの気持ち 3 め?てるの気持ち (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

め〜てるの気持ち 3 め?てるの気持ち (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 こちらは第3巻、つまり最終巻の1シーンの引用ですが、このへんのリアリティがすごいというか、「いや」というか、読んでて息苦しくなります。つまり、不安になるのです。

そしてこの種の不安が、かなり人間によろしくない影響を与えがちなんじゃないのかというのが、私の「マインドハック」の原点付近にあるのです。こんな不安さえ覚えなければ、もっと何とかなるのじゃないかと思ってしまう。

そして、こんな不安を取り除くというか、意識せずに、も少しモチベーション豊かにやっていくのに、本当はこれほどのお話しは要らないはずなんじゃないかと思うわけです。もちろんお話しは面白いので、それはそれです。現実として考えたら、という意味です。

自分自身に対する頼りなさというか。だからといって「自分が弱々しい」とも限らずある種の衝動は強すぎる。強すぎる自分と弱すぎる自分に翻弄されてしまう。

強すぎる自分と弱すぎる自分に翻弄されていると、社会の要請に応えにくい。そのことをとてもよく想像できるものだから、小さな目的はなにも達成したくなくなる。でもそうしているとその先は・・・などと考えることはあまりにも怖い。

iCloudからGoogleフォトに乗り換えることにした。決め手は検索

とっくにそうしているべきだったんだ、と言われればそうですが、ムスメの写真を自分の父母、義理の父母に共有しまくるにあたって、iPad一つ持っていてもらうだけで何とかなってしまうのはひじょうに楽なのです。

が、先日、何気なくGoogleの検索機能を使ってみて、もうこれはダメだと思い観念しました。

「蓮」で検索をかけたところ。

f:id:nokiba:20180712145745p:plain

 

これはすごいです。ドンピシャリというか。カテゴリわけする必要がゼロ。

まったく同じ写真3万枚を対象に「写真」アプリで「蓮」を文字列検索をかけると次の1枚がヒット。

まあこれはこれですごいですよ。たまたま電車が「埼玉県田市」を通過していたところでこんな写真を撮っていたと気づきましたから。

f:id:nokiba:20180712145908p:plain

物事の本質を見抜く能力と、シニカルになることと、発達障害と

こういう本を読んでいます。

 

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

 

 

皆さんは世の中のさまざまな営為を眺めたとき、「これは茶番だ」と看破する能力がとても高いのではないかと想像しますが、いかがでしょう。

いろいろなものを見ては「くだらない」「茶番だ」という印象を持ってきたのではないでしょうか。

この件を読んでふと、アンデルセンの『影』に出てくる王女様のことを思い出しました。

王女様はある温泉に当時のためにいらしています。何でも「ものが見えすぎる病気」だとか。

 

影 (あなたの知らないアンデルセン)

影 (あなたの知らないアンデルセン)

  • 作者: ハンス・クリスチャンアンデルセン,ジョンシェリー,Hans Christian Andersen,John Shelley,長島要一
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2004/12/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

「本質」というのは捨象の結果得られるものです。現実は豊かであってもカオスすぎて捉えにくい。本質を見抜く能力というのは、影響の弱い部分を無視することで、現実における「大事な部分」だけを抜き出し、さらにその関係性までも分析できる力です。

こういうことが幼いうちからサッとできるということはもちろん利発で早熟ということになりますが、しばしば発達がそこでとどまることがあります。「発達」障害と利発さが関係するゆえんでしょう。

「本質が分かっていれば十分だ」と自分も周りも思ってしまうからですが、現実の中の大事な部分だけ抜き出して物事を理解することは、現実の理解と少しズレてしまう。

こんな心理実験があります。 

結果を見てみると、健常な子どもの場合、報酬の有無や金額にかかわらず、ゲーム中は脳が活性化していました。つまり、どんなときでもモチベーションが高くなりやすいということです。

一方、ADHDの子どもは、お小遣いがたくさんもらえる①のときには脳が活性化したものの、②のように少ない額だと反応がありませんでした。それでも薬を服用するなど、何らかの治療行為を行えば、②の場合でも脳の活性化が見られました。

ところが未治療の愛着障害の子どもの場合、どの課題でも脳の活性化は見られなかったのです。

 

 

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

 

 

Dynalistでアウトラインマニャーナをやってみています

f:id:nokiba:20180710132751p:plain

細かな話は『アウトライン・プロセッシングLIFE』の本を読むなり、今日のシゴタノ!を読むなりしていただけるとありがたいです。

 

cyblog.jp

要するに上の黄色の四角で囲ったところが、いわゆる「6つのDo」に相当するわけです。今日はたまたま、6つくらいになっているので話の据わりがいいですね。

本の中では、この日のうちに終わらないものは「できれば」以下に落とすことになっているわけですが、私は「翌日以降」に送ることにします。

ちなみに、Tomorrowなどとなっているのは単なる形式というばかりではなく、Googleカレンダーに自動連携されていって、たすくまのリストにも現れるのです。この点が私には非常に大事です。

もちろんいうまでもなく、各「Do」のアウトラインには、展開すればプロジェクトのアウトラインがぶら下がっています。

 

f:id:nokiba:20180710133246p:plain

 

この中の該当箇所を「本日分」としておえたら、そこへのリンクを取得して、「本日」の下に貼り付けておきます。これでログとしての機能も果たしてくれるわけですね。

 

f:id:nokiba:20180710133433p:plain

まだちょっとなれないのでこなれないところもありますが、これが定着すれば、ここのところにどんどんメモを書き足していけるため、これまで「たすくま」からEvernoteに無条件で送り出されてきた書籍ネタなどがダイレクトに間違いなく入ってくれる。

つまり、集中的に取り組んでいるリピートタスク(これをDoと呼ばれているのでしょう)に関する情報を直接扱うようになる。

ここら辺のメリットが大きいと思われます。 

もちろんはてなブログのような、どういう経緯で何を書くつもりかという「企画ノート」が直下にぶら下がることで得られる、心理的な距離が至近になったことも大きなメリットです。

 

 

 

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則 完全版

  • 作者: マーク・フォースター,青木高夫
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

残業ゼロの「1日1箱」仕事術

残業ゼロの「1日1箱」仕事術

 

 

パンケーキとキュウリの塩漬け

私の典型的なオヤツの一品は、キュウリの塩漬けなんですが、たいていの人はさすがにこれではやんなっちゃうと思います。

ただ、これひとつとってみても、夏がやりやすいというのはおわかりいただけるでしょう。これを冬に食べるのといま食べるのとでは、いまの方がずっとおいしい。

たとえば娘が大好きなパンケーキなどは御法度ものですが、冬の方がはるかにうらやましいものです。いまだったらまあ、それほどではない。

ちなみにパンケーキも絶対ダメかというと、そんな事はありません。砂糖だけ抜いてしまえばいいのです。塩パンケーキにする。何なら、パルスイートをほんの少し投入しましょう。

いずれはなくても慣れます。

ちなみに、これは味覚が代わったせいかもしれませんが、冷やしたキュウリとミニトマトを食べた直後のコーヒーはおいしいです。

f:id:nokiba:20180709172606j:plain

7月前後に人差し指の付け根が悪くなります

変な表現ですが、他にいいようがないのです。

ヤフー知恵袋などに、この種の訴えを書き込んでいるかたがいます。

それへの回答は、正直言って、もう1つ満足できません。たぶん書き込んでいる人々も同じでしょう。

冬には乾燥するから逆むけなどになるのは分かります。

しかし、なぜこの季節、なのか?

これはアトピー的です。

なんだかわかりにくい。

でも日記によると、去年もおととしもその前の年も、この季節に同じことで悩んでいます。

糖質を制限しても、塩分を変えてみたりしても、保湿剤を使っても、なかなかカイゼンされません。

カリウムだとかいろんな話がありますが、今のところよくする方法は見つかっておりません。

休日を必ず作る

ただ、あまり厳密にコントロールしてしまうのも考えものなんですね。いつも同じくらいイイ戦いになるというのは、一見いいシステムのように見えますが、実は結構単調だし、疲れてしまうんです。

どのゲームとは言いませんが、実際(おそらく全く違ったシステムで)、こういう均質バトルをやったRPGがありました。で、やっぱりつまらなかったです。

楽な戦いの日々もあれば、辛い戦いの日々もある、そういうメリハリがあった方が、人間、楽しいようです。

 

 

マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話

マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話

 

 

世に「タスクシュートの欠陥」とされている話は、だいたいタスクシュートと関係ないものですが、この点だけは私も意識しています。

タスクシュートは均質の最適化された、非常にちょうどいい「戦い」に私を引っぱっていってくれる。

時間と気力がある時は、たくさんの仕事。時間がなくなってくると、少なめの仕事。
毎日同じまさに正しい時間に起きて、毎日同じまさに正しい時間に眠り、生産性と休暇を適切に配分する。

ま、それを全部自分でやっているに過ぎないのですが。

しかし、こういうふうに生きていると、たしかにある意味疲れるのです。ペース配分を完璧にやって、一生続くマラソンを走っているような感じになります。

あるタスクシュートを使い込んでいるビジネスパーソンのかたが、こんな話をしてくれました。

「朝にタスクシュートをセットしてみると、夜の11時37分まで仕事をして、家に着くのは1時過ぎだとなっている。昨日もそんな感じだった。まさか今日はそんなことにはならないだろうに、と思って家を出てみる。気がつくと、夜の11時37分まで仕事をして、帰宅すると1時を過ぎている。タスクシュートは本当にすごいと思った。でもこういう人生をなんとかしたいと思うこともあります」

たまにこういう最適化されたプランを壊す必要はあるかも知れません。わざわざ「最善でないムダで無意味な行動」をやってみた方がいいのかもしれません。

こう言うと「ムダなことはムダとは限らない」といった話をされるのですが、そういうのではなく「本当にどこから誰が見てもムダな」行動でないと、意味がないです。

親子プログラミング楽しいです

f:id:nokiba:20180704182350p:plain

流行のscratchというヤツです。

日本語でプログラムが組めちゃうし、変数の宣言文とか書かなくていいし、時代はとても進んだものだと思います。

とにかく8歳児でもそれなりのものが組めるというのがすごいところです。私の時代ではちょっと無理がありました。

IF文で音を鳴らすとかやっても画面がいきなり固まったりしないところもいいですね。私はこの種の制御がトラウマになっているということを、このプログラムで思い出しました。キャラとキャラが触れたら効果音を鳴らす、といったことを無意識のうちに避けたくなるのです。なんかよからぬ事が起こりそうな予感が。

妻は「こんなに時間かけて、たったこれだけ?」と呆れておりますが、私からすれば「たったこれだけの時間でこんなに!」です。

ちなみに娘はこちらの本を何度も読み返しています。

 

はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)

はじめてのプログラミング (学研まんが入門シリーズ)

  • 作者: 橋爪香織,たきりょうこ,阿部和広,うめ(小沢高広・妹尾朝子), 
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2017/04/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

糖質制限するときっと鼻がおそろしくよくなります

かつて嗅覚の研究をしていた東京大学の先生が、「イヌは人間の千倍も1万倍も嗅覚がいいといわれてますが、実際にはそこまでの差はないです」というお話しをされていたのですが、いまではその意味がよくわかります。

糖質制限するようになって以来、いちばん驚いた「副産物」がこれでした。

鼻をよくしようと思って始めたわけではないですからね。

世の中とは、こんなに匂いに充ちていたのか!と何かこう、急に目隠しをとられたような衝撃でした。

きっと、鼻が詰まらなくなります。ちゃんと糖質制限すれば、確実です。いまの私は、やや雑にやっていますが、厳密にやっていたときは、もっともっと鼻がよくなっていたので。

便利という意味では、賞味期限にはほとんど頼る必要がなくなりました。匂いを嗅げば、悪くなっているかどうかはもちろん、悪くなりそうか、悪くなるにはまだまだ余裕があるか、新鮮か、悪くはないけど古くなっているか、新鮮ではあるが取れたてとは言えないかが、目で見ているようにわかるものです。

なにも特殊な訓練などしていませんので、これを訓練すれば相当いろんなことが分かるだろうな、という気がします。

だいたいにおいていいことが多いと思いますが、いいことばっかりではないということも、いちおう断っておきます。

下のこの本で言っていることの意味、よくわかります。経緯こそ違いますが、以前の私は「嗅覚を失っていた」も同然でした。

 

アノスミア わたしが嗅覚を失ってからとり戻すまでの物語

アノスミア わたしが嗅覚を失ってからとり戻すまでの物語

 

 

アトピー持ちにとってのレタスとキャベツの違い

レタスとキャベツの違いなど、私も糖質制限をするまでまったく考えたこともありませんでした。

違いは簡単で、レタスの方がはるかに糖質が低い。それだけです。


そのせいなのか、レタスはキャベツよりも傷むのがだいぶ速い、ように思えます。

したがってなのか、キャベツ食べ放題のお店は、特にとんかつ屋さんなどにたくさんありますが、レタス食べ放題のお店というのは、帝国ホテルのビュッフェ並にお高かったりします。

居酒屋メニューなどでも、キャベツの酢づけといったようなものはバンバン出されますが、レタス系は多くないです。
ですからレタスがたくさんできたらラッキーなのでやたら食べるようにしています。

キャベツにまで気を使うことがない人が多いはずですが、私はわりとキャベツなどを多く食べると皮膚が赤く腫れたりするのです。


キャベツなんて好きでも何でもないため、これを食べて肌が荒れるとものすごく損をした気がします。だから極力避けるようにしています。

第3回タスク管理セラピーを07-21(土)に開催します

タスク管理セラピーは、大下千恵さんの発案で、大橋悦夫さんのご協力をいただく形で、私も主催しているセミナーです。

メンバーを見るとだいたいおわかりいただけると思いますが、

とにかく「時間が足りないのでなんとかしたい」という方向けのセミナーです。

このセミナーの眼目は何と言っても、ほとんど個別相談に近い形で、かなり突っ込んだ、かなり個人的なことを、直接聞いて、やり方を目で見ることまでできるところです。そういう意味では「セミナー」と言うよりも個別相談会のようなものです。

私の個人的な感想では、やはり「時間の使い方が感性として巧みだ」というのは大橋悦夫さんなので、直接彼の方法を聞けるというのがポイントだと思っています。

大橋さんは仕事を「適当にやる」ということをあまりしませんが、「好きなことしかしない」というのでもなく、「夢や目標があるからがんばれる」というタイプでも全然なく、さらには「プライドを持って原稿を落とさない」という風でもありません。

「僕にやっておいて欲しいということでしたので、やってあります」というのが非常に似合う、とても独特な人です。時間の使い方がうまいというのが、私にはいちばんしっくり来ます。

ひどくまちあわせの時間に遅れるということもなく、徹夜明けだという話も聞いたことがないけれど、かなり多くのことを実際にはやっています。ずいぶんたくさん映画も見ているし、いつの間にか新型のiPadを持っていたりSurfaceを買っていたりする。どこにそんな時間があるんだろう、といつも思わせられます。

「時間が足りない」という悩みであれば、私なら絶対にこの人に聞きます。

他の人に同じ質問をすると「大丈夫!何とかなるものだから!」とか「絶対やると決めておけば、やれるものです」とか「いつやるの、いまでしょ?」とか「結局はやるかやらないかだから」とか「やらないことリストを作る」だとか「本を月に200冊読む」だとか、役に立つとは思えない話ばかり聞かされそうで、面白くないのです。

 

馴染み深くて「新しくもない」こと

私は以前から「人が好きなのは馴染み深くて新しいこと」だという話をしてきています。
ずっとドラえもんに親しんできた人は、その最新刊が欲しくなる。ということです。
人間のこの特性は、ビジネスにも盛んに活用されています。

昨日、CHANGESのうち合わせがありました。

changes.jp


そのなかで、年代の違う私たちが見てきた「ライフハックヒストリー」とも言うべき話で盛り上がりました。

誰からしてもまったく知らない話はなく、ほとんどは知っていること。
だからこそ、盛り上がるのです。
いま、ワールドカップの「コロンビア戦」などで盛り上がっている人は、あの試合の意味もしらないしサッカーのルールも知らない、なんて人のはずがありません。

そういう意味では「まとめ記事」は実は「知っている人」にこそウケるはずなのです。そういう意味でのまとめ記事や、それに類する情報をうまくまとめた書籍などはまだまだ足りないと思っています。

どんなの「情報獲得」が目的であっても、いくばくかの娯楽要素は必須だと言うことでもあります。

 

「ロボット」心理学 ?[ネオフィリア] - なぜ、人は新しいものを求め続けるのか (impress QuickBooks)
 

 

無糖パンは自分で焼くのがベスト!

katsumakazuyo.hatenablog.com

うーんなるほどさすが、と思いました。

とは言え、私もホームベーカリーはもう、10年くらい使い続けているのです。

理由は簡単で、無糖パンを買うのはすごく難しいからです。

詳しく伺うと、あらゆる意味で糖分ゼロのパンなど、まず作られておりません。特注しませんと。

特注するのは大変だし高くつきますから、家で焼いているというわけです。

うちではベーカリー出したりしまったりしていますし、電源も差しっぱなしではないし、いろいろたしかに面倒ですが、それでも必要に迫られて続いています。

ただ、

リアルタイムで焼かず、暇な時に焼いておく。朝とか、夕ごはんに合わせるのではなく、暇な時に、焼いておきます。時間が最低でも4時間、だいたい7時間かかるので、切れそうになったら、適当に1~2斤、焼いておく。1~2日はもつので。焼き立てよりも、冷めたほうがおいしいし。

というのは目からうろこで、そうしようかなと思いました。たしかにこうした方が楽だと思う。ただ「焼きたてより冷めた方がおいしい」というところはちょっと賛成できかねますが、まあ別に焼きたてにはこだわってないです。

パンというのは驚くべきもので、小麦粉、イースト、水、塩、バターだけでできてしまいます。これに慣れてしまうと外で食べるパンはびっくりするほど甘い!だからおいしい…。いくら何でも甘すぎるだろう、というものもけっこうあるのです。

パンそのものの食べ過ぎにも糖質制限的には注意が必要ですが、砂糖ゼロのパンにしただけで、相当違います。最初はパンがあるだけでも、心理的に楽になるはずです。

f:id:nokiba:20170310070634j:plain

 

イラッとしたらレクイエム

公共の交通機関とかそういったところでは、どうしてもイラッとしてしまうということはありますね。

イライラしたところでしょうがないとは思いますが、個人的な価値観、ないしはたぶん育った家庭環境の価値観を「あからさまに破られる」ようなときにイラッとするのは人情なのでしょう。

しかしそんな価値観など、「佐々木家の食卓」程度のものでしかないため、声高に主張したら名物おじさんになってしまいます。そもそも自分だってそんなのを意気揚々と掲げていきたいわけでもなし。

ただ、子供のころに植え付けられたものが発するイライラを、完全に押さえ込むのは現実的ではなくけっこう難しい。
この問題には若いころはかなりなやみましたが、いまではよい解決方法を手に入れています。音楽を聴くこと。具体的にはモーツァルトの「レクイエム」を聴くこと。

鎮魂歌と言うだけあって、ムダに荒ぶる精神がみるみる鎮まっていくのを覚えます。こうなると音楽と言うよりはほとんど鎮静剤。キリエになっているころにはぜんぜんイライラしていない自分にびっくりです。

 

モーツァルト:レクイエム

モーツァルト:レクイエム

  • アーティスト: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団カラヤン(ヘルベルト・フォン),リップ(ヴィルマ),レッセル=マイダン(ヒルデ),デルモータ(アントン),ベリー(ヴァルター),モーツァルト,カラヤン(ヘルベルト・フォン),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,マイヤー(ヴォルフガング)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る