佐々木正悟の「のきばブログ」

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

#Dynalist と Evernote

使い分けの問題ではなく、ほとんどのメモをDynalistに集めつつある現状、にもかかわらずEvernoteは使い続けざるを得ないわけですが、もはや二元化が必須になる状況で、一元化という基本原則を破る事になる今後はどうプランしていけばいいのだろうと思うわけです。

ライフログや、フォーマットがハッキリしているログは、今後もEvernoteに集まり続けるでしょう。

これをさらに言えば「自動的にログが残っていく先としてのEvernote」は、将来必ず何かあったとき「取っておいて良かった!」となるということです。

いっぽう、メモの走り書きのような、統一されたフォーマットに馴染みにくい断片メモは、ことごとくDynalistに入ることになるでしょう。

こうなってくると、Dynalistのほうがはるかに「有意義なノート」に思えるようになります。データベースのように統一された形式が集まっているだけのEvernoteは、どちらかと言えば「いざというときのためのもの」であり、これはいざトラブルが起こるとかけがえないものに思える一方、「平時」にはあってもなくてもいいように感じられがちなのです。「非常口」のようなものです。

断片とデータベースと位置づければ、二元化してもなんとなく問題ないように思えますが、統一的にまとまっているメリットはやはり失われるわけです。私はそれを今や「仕方ない」と思って割り切りますが、今までずっとこれを避けるようにしてきたわけです。そういう意味では勇気が要ります。

たいていの出入り口は「非常時には非常口」になるという意味で一元化されています。しかし私はどちらかというと、今後、非常時だけに非常口を使うようにするのです。

おそらく「平時に検索」した結果として「あ、これはこんなところにあったのか!」という発見が減るでしょう。そういうデメリットが一つ考えられます。

いまひとつは、あえてするレビューはともかくも、いつもEvernoteをなんとなく眺めていた時間がそれなりにあったはずで、その総時間は間違いなく減ります。日記を「読み返す」のではなく「目に入ってきていた」ということがあったのですが、そういう機会が減る。そんなデメリットもあるでしょう。

Ulyssesから #Dynalist へは、文字数カウント他のハードルがあります

昨日はTodoistからの移行を決めた話を欠きました。

 

nokiba.hatenablog.jp

 調子に乗って、今日はUlyssesからの移行を決めようと思ったのですが、これは一筋縄ではいかないですね。

まず、文字数カウントという機能がUlyssesにはあります。そんなの何とでもなるじゃん、と思われるでしょうが、Ulyssesは書き手の気持ちがかなりよくわかっておりまして。

f:id:nokiba:20180420191520p:plain

こういうのがサイドに出るのです。しかも、文字を書くたびにジワジワと円グラフが完成していく様が、なかなかモチベーションを高めてくれます。こういうのは、なかなか捨てられない。というか捨てるのが怖い。

ただ一方で、もはやDynalistにしてしまえば、

  • アウトライン
  • 原稿執筆スケジュール
  • ワークログ
  • 原稿

この4点が1カ所に集まります!これはすごいよなあ。

しかも、あまり考える必要はないのですが、Dynalistで原稿を書けば、Windows機でもOKとなります。UlyssesもiPadなどでかけるというすごいメリットがありますが、ブラウザで書けるなら機種をまるで選ばない。これもすごいよなあ。

以前ちょっとばかり衝動買いしてはいけないように思っていたこの機種でもきっとDynalistだと幸せに使えそうな妄想が。

 

 

こうなってくると、もうDynalistにまとめてしまいたいという衝動を抑えるのがとてもつらくなっていきます。もちろん、Ulyssesにキチッとおさまっている安心感はたしかに捨てがたい。文字カウント以外にも非常に多機能親切設計ですしね。

本の原稿というのは、書ける環境さえあればいいってものではありません。しかし、それを裏返すなら、ものすごく書きやすい環境があれば書けるということでもあって、非常に悩ましいときがあるわけです。

Todoistから #Dynalist へ乗り換えます

f:id:nokiba:20180419200832p:plain

どう考えてももはや、Dynalistへ一本化してしまった方が便利だという結論に至りました。

一本化というのは

  • たすくまに流し込む「原稿」などの週間タスク
  • アウトライナー
  • 企画ノート

の3つです。

いままで、この中のアウトライナーはWorkFlowyにあり、企画ノートはTodoistという状況だったのですが、分けておく理由がなくなってきました。

たしかにTodoistにはGoogleカレンダー側からもタスク日時などを動かせるという強烈なポイントがありますが、それでもアウトライナー、企画ノート、週間タスクが一本化する効果に比べてしまうと、そっちを取らずにはいられない。

アウトライン形式でタスクをとらえたければDynalistをみればよく、そのアウトラインがそのまま企画ログともなって、必要であればGoogleカレンダー上に置くこともできる。

ここに原稿も書いてしまうということも、検討中です。

 

『職業としての地下アイドル』を読書中

 

職業としての地下アイドル (朝日新書)

職業としての地下アイドル (朝日新書)

 

 

なにかとても勉強になります。なにを勉強しているのかは、まだよくわからないのですが。

こういった文化というものが、いろんな分野において欠かせないんだ、と思うのです。

私はセミナーをするので、友だちから「よく人前で話ができるね」と感心されたことがあるんですが、人前だから話せるのです。

テレビや雑誌の撮影は、ファンが不在でも成立しますが、ライブハウスでの活動は、ファンが不在では成り立ちません。金銭的な理由もありますが、それよりも、技術力の低い地下アイドルは、ファンからの歓声がなければライブを成立させることができないからです。

(引用元はすべて『職業としての地下アイドル』)

本当にそうで、達人とは、反応がない、もしくはそもそも相手がいないところにさもいるかのように振る舞ったりできる人たちのことなのです。ブログもそうなのですが、「プロブロガー」のほうがプロでなくてもできるのです。「入門者」ブロガーは大変です。「ファンからの歓声がない」のです。

お客さんが彼ひとりしかいない日でも、臆することなくヲタ芸をして、大きな声で私を応援してくれた姿を、私はいまでも鮮明に覚えています。

自分一人しかいなくても全力で応援できるというような「ファン」はもはや「ファンの達人」です。私なんかはこういう時はホントダメで、他に人がいっぱいいても「全力で応援」したりできないタイプです。

世の中には、毎日ブログを続けると決意しても1日でフェードアウトしてしまったり、本を出すのが夢だったのに、企画が通って以来1文字も書けないという話が、実在するのです。

そうした人に欠けているのが、自分一人しかいなくても全力で応援してくれるというような「ファン」です。実際、なぜか毎日のように面白い面白い言ってくれる人がいたから、何年もブログが続いたという話があったりします。

そういう意味で私は、「創造的活動」と「消費活動」をあっさり線引きして、時間を創造的活動のために使おうといったタイプの価値観には、いまひとつ共感できません。「強力に消費してくれる人」の存在なしには創造できないということはよくあります。そういうケースにおいてなぜ「創造的活動は消費活動より価値が高い」と言えるでしょうか。

 

日記もDynalistで書くようにしました

これが最後までためらっていたのですが、とうとう日記もDynalistで書くようにしています。

私はプロフィールと日記は、Scrapbox向きだと思っています。特に日記は、精神分析的に使っているつもりなので(意味不明かも知れませんが・・・)キーワードだと思った単語をタグ化できるScrapboxは面白いんですよね。

たとえば今の「精神分析」というところをタグ化しておくと、他の日記とそのタグを介してつなげられるという効果を持っていきます。日記がたまるに連れ。

Dynalistではこういうことができませんが、代わりに、日記の項目をタグにでき、そのタグだけで絞り込むと、リスト中で内容確認できるという使い方が可能になります。

たとえば

#不満

というタグ項目を日記において、そのラインにその日にあった不満を書いておくと、「不満リスト」を検索からすぐにたぐり寄せられるわけです。この一瞬で一覧が得られる効果は極めて強力です。

しかも、Dynalistで日記をつけると、日付をつけることによって、日記をグーグルカレンダーに送り込めたりもします。

いずれも必須ではありませんが、私は日記をつけるのが得意ではないため、こういうことがあるほうがより続けやすくなるのです。

 

nokiba.hatenablog.jp

 

Dynalistはいいですね!

goryugo.com

私に関してはこの記事からすべては始まった、というか始まってしまいました。

今、いろいろ移行中です。

しかし不幸中の幸いというか、WorkFlowyをそこまで使い込んでなかったので、まあよかったです。移行は難しくないですしね。

この2つは、比較するのがちょっとはばかられるくらい、Dynalistが機能は上です。workflowyは良いサービスだと思いますしずっと使ってきましたので、あんまり比較はしたくないです。

workflowyのアドバンテージとしては、Dynalistほど機能が豊富でない分、軽快で、すべてが一元化されてしまうために、その中のどこかを探せば良いというシンプルさが挙げられます。

Dynalistはなんと言っても、カレンダー機能を備えている上、タグ一覧機能(有料)、フォルダを使っての階層化など、何でも備えていると言っていいでしょう。

私はEvernoteにおける「行き先のないノート問題」をこれで解決できました。

今後いろいろとまたこれについて書いていくことになると思いますが、やっぱり気になるのは、このサービスが終わったり変質したりしないかということですね。もはや、「見つけた!」サービスについてはそれだけです。

ちなみに私は年払いしてしまいましたので、今後は有料版を使っているものとして紹介していきます。

kaji-raku.net

iPadは仕事に使えるのか?

現在の私のホットトピックはこれです。

ネットを調べるかぎり「それは考えない方がよい」という意見が大勢を占めますが、それを真に受けてすませる性格ならこんな仕事はしていません。

 

lovemac.jp

iphoneteq.net

 

Apple Watchの本を出したときにも考えたことですが、

  • Apple Watchは「買い」ではない
  • しかし欲しければ買うがいい
  • 悪いものではないから買って後悔はしない

という意見が散見されました。私はこれに対して同意できないところも多かったため、自分で本を書きました。

iPadは、ネットであれこれ読むかぎり、少し違います。

  • iPadは「買い」だ!
  • ただし購入前のイメージと、ちがう使い方に目覚めるであろう
  • そして仕事には役立たない

といった意見が大勢を占めているようです。

そしてこの言い分にはリアリティを感じます。「イメージしていたのとちがう」が「素晴らしい!」というのは、洗練されたものを感じます。

 

はい!買いです!!

なぜ買いなのかは別で書きますが、

「あったらあったで便利」という一言に尽きます。

 

自分はApple製品は好きです。ですが、まわしもの、ではありません。

「なくても全然問題ない(ただしPCを持っている人に限る)」

iPad mini4を買ってから5ヶ月経って何に使っているのかを書いてみる | してみたブログ

 

いちばん説得力をもって書かれている記事は、おおむね上のような意見になっています。

なくてもぜんぜん問題ないが、自分は持っていて幸せだ!というものです。

それらの人はまた「仕事中のうち合わせメモ」などに使うつもりでいた。つまり手帳代わりですね。

しかし、買ってみての使い途は「ゲームと動画と電子書籍!」というわけです。

説得力があります。

しかし私は説得されずに考え続けたいのです。

【コミック】押見修造さんの作品はだいたい全部読んでます

先日の jMatsuzakiさんのパーティで、私が以前に取り上げたコミックの記事を読んでくださっている方が、最近なにを読んでいるかと聞いてくださったのですが、なんか固有名詞がまったくでてこなかったので、今おすすめしたいコミックをこちらで改めて紹介します。

 

nokiba.hatenablog.jp

 今いちばん続きが読みたいと思うのは、押見修造さんの作品です。特に『血の轍』ですね。

 

 

血の轍 3 (ビッグコミックス)

血の轍 3 (ビッグコミックス)

 

 

この方は万人向きではないという話もありますが、私は誰が読んでも面白いんじゃないかと思う。一部、やや血が苦手な人におすすめできない作品もありますが、これも(やや)残虐描写は適当にスルーしても話を読む分には問題ないです。(「漂流ネットカフェ」も一部の方は嫌悪感もたれるかもですが、面白いし、いい話だと思います。ウチのムスメが小学校時代に読んだとしても私なら気にしません)

 

ハピネス(1) (週刊少年マガジンコミックス)

ハピネス(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 

漂流ネットカフェ コミック 全7巻完結セット (アクションコミックス)

漂流ネットカフェ コミック 全7巻完結セット (アクションコミックス)

 

 

 

個人的にはやはり『悪の華』で引き込まれたクチです。則天文字だったかな、悪は。まあ、そのへんのことはスルーしておいてください。私はこの種の「アウトサイダー作品」が本当に好きです。だからそういう人にはきっと面白いと思うのです。

 

惡の華 コミック 全11巻完結セット (少年マガジンコミックス)

惡の華 コミック 全11巻完結セット (少年マガジンコミックス)

 

 

アウトサイダー(上) (中公文庫)

アウトサイダー(上) (中公文庫)

 

 

押見さんの中でも心理寄りのほうとして、「志乃ちゃん」と「麻里の中」があると思いますが、こちらもKindleからでるのを心待ちにしておりました。特に「麻里の中」は「血の轍」とテーマにつながりがあって「毒親系」とでも言ったらいいでしょうか。

ちなみにこのテーマはやっぱり大変複雑というか、非常にややこしい話だろうと思っています。たとえば私にとって自分の両親は、ぜんぜん「毒親」ではなく、いたってまともです。でも妹の意見は違うかもしれない(ちがわないかもしれない)。そういうことってありますね。

人間は、よっぽど極端な育てられ方をしないかぎり、親だけに育てられることってない。だから家庭文化のありかたは、友だちとか先生の個性によっては、文字通り「毒にも薬にも」なるので、もちろん自分のDNAなどがどう出るか、最近で言うと自分の腸内環境にも性格が影響されるとかいうので、なにが「毒」または「薬」になるかはまったく想定しきれないところがある。

もちろん「血の轍」みたいになれば、「まあこれはちょっとふつうじゃないよね」という印象は持ちますが、それだって解釈のしようが他にもあるかも知れません。

 

 

ぼくは麻理のなか コミックセット (アクションコミックス) [マーケットプレイスセット]

ぼくは麻理のなか コミックセット (アクションコミックス) [マーケットプレイスセット]

 

 

 

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

 

 

ここんとこずっと左腹部に鈍痛があってジンマシンに悩まされていた「原因」が少し思い当たったのですが

ここ2ヶ月くらいの話なのですが、タイトルのように、左腹部、ちょうどあばら骨が終わったあたりに鈍い痛みというかしくしく感があり、それからジンマシンに悩んでいたのです。

お医者さんにも行きましたが、話はよく聞いてもらえたものの、処方としてはアレロックをいただくにとどまりました。「様子を見ましょう」というあれですね。

アレロックでジンマシンはぴたりと止まりましたが、鈍痛はやまず、だいたいイマイチ体調も優れない。自分にしては驚くくらい食欲不振で体重も4㎏くらい、減ってしまいました。

まあここのところやけに忙しく、寒暖の差も激しい気がしますし、いろいろあったといえばあった。しかし、下痢しているわけでもなく、そんなに変なものも食べてはいない。どうもよくわからない。

でずっと悶々としていたのですが、今朝になってふと「なぜ今日は、腰が痛くないんだ?」と思ったのです。私は腰痛持ちで、朝はたいていイタイのです。

そして「なぜ今日は腰が痛くなくて、久しぶりにジンマシンが出たんだ?」と考えてみたところ、「昨日久しぶりにインドメタシンを貼ったからだ」と思い至ったのでした。

 

最も多い副作用は胃腸症状である。重症化することはめったにないが、胃潰瘍などの消化性潰瘍にも念のため注意が必要である。

人によっては発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれがある。アレルギー体質の人や、元々喘息にかかったことのある人には要注意である。

インドメタシン - Wikipedia

 

これが直接の原因かどうかまでは、よくわかりません。ただ、年末に一度、2月に一度ぎっくり腰に見舞われ、インドメタシンを多用しまくったころから胃腸の調子がおかしくなって、ジンマシンも頻発するようになったのでした。

そういえば最近は、貼ってないんです。そうしたら食欲が回復してきて、なによりジンマシンが消えていた。アレロックやめたのに。そういうことなのかも、と思った次第でした。

 

7wrinerとWorkflowy

昨日、倉下忠憲さん作の7wrinerベータ版を使ってみました。

こういうツールを最近使ってみては悩み始めるのが、類似のツールとの使い分けです。

自分ルールをどう決めても、グレーゾーンが出てくるし、そもそもルールの適用を間違うこともあるし、ルールが適切とも言い切れないからです。

ときどきというか頻繁に、たとえばEvernoteなどについてはよく、Evernote活用ルールを書いていたものです。

しかしそれをどこに書くか? 私は結局Evernoteに書いていましたが、Evernote活用ルールをEvernoteに書くというのも、何かややこしいことになりそうで、しっくりこなかったのです。

しかしこの種の情報は重要なため、最も信頼がおけるところに置きたいし、とするとやっぱりEvernoteになってしまう。

いまWorkflowyの運用ルールらしきものもあるのですが、それはWorkflowyにあります。

すると、いずれ7wrinerの運用ルールも作りそうですが、それはどこか。7wrnerに書くのか?

タスク管理は今や、たすくまに一元化してしまったので、こういう悩みがありません。結局やっぱりEvernoteに一元化できれば良いんですけどね。そういうことを理解するために他のツールを使うというのは、実はけっこうポジティブに「あり」なのです。

たとえば、他のタスク管理ツールに少しでも手を出すと、自分がなぜたすくま、タスクシュートに一元化しているのかが、よりよく理解できるのです。

紙の本はなぜあんなに重いのか?

それは「予測」というほどのことではなく、既に20年まえに始まっていた問題だった、ということです。僕は、「ここが問題ですね」と指摘しただけなのです。

もちろん、K木氏以外にも沢山の方に言いました。雑誌は今のままでは駄目です。ハイブリッドカーはまだ無理がある。新聞もTVも落ち込むでしょう。漫画も売れなくなります。ミステリィもじり貧になります。

 

blog.fuyushoten.com

 

20年前から始まっていたにせよ何にせよ、いまの「地方」では、書店が本当に見あたらなくなりました。

先だって勝間和代さんが、「紙の本」は年輩の方と子供しか読まなくなりつつある、ということを書かれていました。

年輩の方は、Kindleに今さら切り替える気がしないのでしょう。

子供、特に幼児については、「親のエゴ」に近いものを感じます。私はスマホOKだけど、あなたは紙の本を読みなさい。というわけで「絵本」などが情操教育なるものに活用されるわけです。その方が健全だとは思います。

紙の本は、長い目で見れば総撤退でしょう。しかし、ここしばらくは、少なくともフルカラーでかつ、形がやたら大きかったりするなら、まだいける部分はあると思います。

字ばかりで、モノクロだったら、Kindleにはどう考えても太刀打ちできないでしょう。広辞苑がいまだに売れているなんて、作り話なんじゃないかという気がします。

 

フルカラーで、形が変。菱形とか。

こういうモノは、iPadでも代用できないから、その形に必然性があってかつ、コスパがよければ可能性があるでしょう。

それにしても本は、重すぎるのです。

先日発表されたiPadの薄型軽量ぶりを考えますと、本には「技術革新」が絶対に必要です。もっと薄くて軽い物にしないと、たとえ「日本人は紙の本が好き」だとしたって、(すでに鞄に入っているiPadの他に)持ち運びたくないという思いがどんどん強くなって、結局買われなくなっていきます。

 

10年くらい経った頃、「まだ大丈夫だ」と言われていたのです。「いや、日本人は新聞が好きですから」「TVが落ち込むことはありえません」「紙の本が好きな人が沢山いるんです」そういう話を聞きました。

僕が言っていることは、「みんなが嫌いになりますよ」ではないのです。商品が売れなくなるという話です。

 

過去に読んだ本やコミックやらを同ブログに書いていくかを検討中

 

nokiba.hatenablog.jp

 この記事で書いた事なのですが、「好きなことをする」一環として、タイトルのような昔読んだ本とかの紹介をしていきたいわけですが、いざやるとなると、どこからやるかとか、なにを紹介するかとか、自分にとっては今さらだとかで、結局やらなくなりがちなのです。

いちばんの問題は「ブログ」という形式にあって、ブログには「リアルタイムのこと」という縛りのようなものが感じられるため、「過去に面白かった」というものをここにおさめることが、いまひとつぴったりこないのですね。

あれこれ考えてしまうのがいけないというのはブログではもはやお定まりですが、なにも考えずにやるというのは意外とつまらないもので、気にせず出せば良いのに、というアドバイスにすんなり従えるという人は、ブログ向きであるようなないような。

だからといって「別ブログの罠」にハマるのはもうごめん、ということもあり、結論がなかなか出ません。

という含みの中で、これからのきばトークに入るわけです。

jMatsuzakiさんのベルリン行き送別会に行ってきました。

f:id:nokiba:20180408132721p:plain

 

パーティの間ずっと絶え間なく「好きなことをする」ということについて漠然と考え続けるはめになりました。

好きなことはわからない。好きでないことはわかるのだが。

もちろん好きなことはあります。たとえばパンを食べることとか。

でもずっとブログにパンを食べることを書いていたいとは思わない。それに私の肌にはパンは合わないらしい。

なんか自分には、こういう巡り合わせの悪さみたいなものがあります。私の好きなことは、私の健康を害したりするのです。

とは言え、こういうパーティに出席し、主人公がこうですから、さすがに何の影響もこうむらずにはすまされません。

なんか好きなことをしないとかなあ・・・

という時点で何かがちがうようにも思いますが。

とにかく、ちょっとムリをしてでも、好きなことをするようにしてみます。

私の場合にはやはり、こうした変な決意になるしかないようです。

近日中に、きっとなんか、他の人にはピンとこないことをし始めるでしょう。

手始めに、この本を買って読んでいます。大変面白い。それに私のいまの気持ちに合っています。私がこういう本を読むときには、こんなキッカケもあるんです。

 

植物は〈未来〉を知っている―9つの能力から芽生えるテクノロジー革命

植物は〈未来〉を知っている―9つの能力から芽生えるテクノロジー革命

 

 

jmatsuzaki.com



AIの遺電子 RED QUEEN 第1巻を読みました

 

AIの遺電子 RED QUEEN 1 (少年チャンピオン・コミックス)

AIの遺電子 RED QUEEN 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

話が一気に重苦しくなりました。

「ここまで」のシリーズもあるわけですし、そちらを先に読んだ方が分かりやすいとは言え、この巻を読むかぎり、ここから読んでもなにも問題ない気もします。

 

それにしても私はこのコミックをどこで見つけたのでしょう。

どうもTwitterで見つけたような気がするのですけれど、今となってはよく覚えてないのです。

最近になって情報というものは、どうやってクリップするかより、どうやって見つけ出すかが大事だと、つくづく思います。

ちょっと変な言い方ですが、この世の中に、こんなに「自分向き」なものがあり得ると、確信することがじつに大切だなと思っています。

つまり私にとって、この本はとても面白いわけです。しかしこれを知らなかったときには、それほど面白いものがあり得るとはなかなか想像できず、そういうときには、そんなものがあるはずだと確信し続けること自体、難しいのです。

Twitterは間違いなくその一助になってくれています。

WorkFlowy Clipperを使おう!

若干今さら感のネタではありますが、最近「やっぱりこれが使うなー」ということでご紹介。

WorkFlowy Clipper というChromeの拡張なんですが、かなりよく使います。

Evernoteへのクリップに時間がかかるということもありますが、そもそもネタ帳として一覧性に優れているという意味もあって、いまはネタ帳は完全にWorkFlowyになっているのです。

ちなみに、上記のクリッパーの説明としては、ブログ名のとおり次の記事にていねいにまとめられています。すばらしい!

teineini.net

 

WorkFlowyにずらずら並べ立ててネタを上下に移動しまくって、使っています。

ネタというのは、「欲しいもの」と「好きなもの」のリストです。Evernoteにも同じものが「カタログ」として補完してありますが、並べ替えるのが原則できず、ライフハックもあるんですがけっこうやらなくなりました。

最近「好きなことをやるべし!」系に触発されて、とりあえず自分はまず「ネタ」に刺激を受けることだ、と思ってこんなことに没頭しているのです。