佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟の公式ブログです。なるべくならお役立ち情報を出していきたいと思っています。

「ライフハック心理学」は2020年1月1日以後、noteに完全移行いたします。

突然で恐縮ですが、 2020年1月1日以降 「ライフハック心理学」はnoteに全面移行いたします。 URLはこちらになります。 note.com 内容的にはこれまでと大きく変わらない予定です。 また、こちらのブログを閉鎖するわけではなく、こちらはこのまま残して…

好きなことで、得意なことで、お金になることをやるには?

こういうベン図を目の前に描き出されたこと、何度かあります。 好きなこと 得意なこと お金になること そんな都合の良いことが、この世にあってたまります? 私の好きなことは、本を読むことかな。 得意なことは、スキーかな。 お金になるのは、本を書くこと…

『社会心理学講義』はとても面白い本です。タスクシュートに心を読み取られる体験

被験者にスライドを見てもらい、いつでも好きな時にプロジェクタのボタンを押して次のスライドに移動するよう指示する。 ところがボタンはプロジェクタに実際には接続されておらず、ボタンを押しても何も起きない。 その代わりに被験者の脳波を測定し、指の…

レビューの解像度を上げる

「24時間のリストの中の、24時間分が100%満足できるものだと、確信をもって評価できるようになる。」ここですねw「結果として、リストからあふれるタスクというものは」たっぷりある自分には、まだまだ遠い(この間隔がグッドバイブス的ではないのだと思い…

タスクシューターはグッドバイブスへ急ハンドルを切らなくていい

最近の私の「変化」について不安をおぼえている人へ向けて、この記事を書いているわけです。 もちろんべつに心配はいらないのです。 何度か書いているとおり、そもそもタスクシュートとグッドバイブスは、相反するものではありません。 タスクシュートが言っ…

「コツ」は本気でやること

毎度タスクがはみ出すのはなんとかしたい(削除も手間がかかる)というのはあるんですが。 だから佐々木さんが余裕があるようになったとかやったことは以前より増えているというのがどこから来るのか是非コツを知りたかったというのはあるのですが、一言で言…

30分は意外に長い

たとえばですが、セミナーをやるのが初めてで、最初から聴衆の人たちがものすごく不愉快そうで、あなたが入ってくるなら拍手もまばらで、5分話をしたと思ったらだれかが舌打ちした音が聞こえてきたとします。 それから話すべき手持ちの時間が30分だったら、…

孤独はおそらくすぐには消えない

www.works4life.jp こちらを読んでの感想になります。 この誰も参照されない状態になる時——誰かにメッセージを送っても返ってこない、思い通りのレスポンスがかえってこない時に、こういう「孤独」といったものが生じるのかなと思った。 とすると、「孤独」…

「できる」ことは基本、「繰り返しできる」ことなのである

「ルーチンタスク」は大事なのです。 というのがタスク管理的に「ルーチンタスク」(リピートタスク)を中心に回す理由です。 そもそも私たちは、毎日、異なる日、異なる自分を生きています。その自覚はたしかに難しいですが、考えてみればそのはずです。 とい…

タスクシュートの「見積時間」をどこまで重視したら良いのか?

見積時間であれ、「今日の予定」であれ、要するにあのリストにはどこまで縛られるべきか? というご質問をたびたびいただきます。 まったく縛られる必要はないのです。 というのが私からの答えになるのですが、 「ならなんのための予定ですか?」 という疑問…

「24時間いつでも本気モード」でも「疲れない人」になれる、まったく新しい考え方

いつも本気モード?! とんでもない!! 本気で仕事だの家事だのをやっていたら、すぐに息切れしてしまうし、時間がいくらあっても足りはしない! どうやって時短するか、省力化するか。それを実現するのが仕事術だろう? エネルギーコストをなるべく少なく…

「やりたいことがわからない」と「やりたいことばかりである」とはよく似ている

認知的不協和という理論があります。 通常は、オカルトな宗教にはまる人たちはなぜ、教祖様が予言した「世界の終わる日」が過ぎてもなお、その宗教にはまり続けているのか。その「信徒の心理」を説明するために使われます。 これとは一見かなりかけ離れてい…

グッドバイブスメールマガジン刊行中です

goodvibes.work ↑ お申し込みはこちらから。無料です。 倉園佳三さんのブログ記事の下に、私の「コメント」を追記するようにしております。 心理学的な内容をコメントしていますが、それに限っているわけではありません。 いつも心理学的にいくばかりでは、…

12月に開催したりゲストで呼ばれるイベントをまとめます

GTDセミナー lifehackbar.doorkeeper.jp 一番近いのが、今週土曜日に迫っているGTDセミナーです。 このセミナーではなんと言っても 「洗い出す時間を取って欲しい」ということがあります。 他のタスク管理系でもよくご相談いただくのですがそもそも、 「自分…

手帳が有効か、手帳術が有効か、それとも手帳伝道師になるべきなのか?

治癒とはある生き方のことなのだ。 心の治療は生き方を与える。 そしてその生き方はひとつではない。 野の医者は笑う: 心の治療とは何か? 作者: 東畑開人 出版社/メーカー: 誠信書房 発売日: 2015/08/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る…

タスクシュートはユーザーのタスク実行力を強化する

歯ブラシやクシがいつも置いてあるところに置いてないと困るし、あるはずのトイレットペーパーがなくなっていたら困るのだ。 ましてや自分が飲むはずになっていた牛乳がなくなっている…・・・なんていうことだ、オレの朝はめちゃめちゃじゃないか。 ふだんから…

なぜタスク管理にアウトライナーが欲しくなるのか?

タスク管理とは、記憶術の一種だからである。 たぶんこれが答えになるのだと思います。 記憶術と言えば 良い国作ろう鎌倉幕府 あたりが有名ですが、記憶術を使うのはなんと言っても「記憶力」を「使わずになんとかしたい」からでしょう。 記憶力と言えば「受…

タスクシュートという記憶術

カレンダー覚えが「一般的な記憶力の範囲」をはるかに超えるという理解も苦笑である。 なぜなら「カレンダー」と呼ばれる物自体が、人類の生み出した偉大な「記憶術」の一形態であったわけで、そういう「カレンダー」という存在そのものすら著者は一度たりと…

絶対にやることであれば、タスクリストに追加しておいた方が、タスクを片付けやすくなる

タイトルが長くなりましたが、そのまんまです。 たとえば私が「トイレ」とか「お風呂」をタスクリストに入れておくのは、それは必ず終わらせることができるという意味もあるのです。 行くまいとしても、行ってしまうのがトイレだから。 「やるかやらないかわ…

情報整理が得意な人の脳

ウィスコンシンカード分類課題 という面白い研究があります。 トランプと似ていながら、やたらといろんな形が描かれたカラフルなカードを、被験者は分類させられます。 被験者は、どういう基準で分類すればいいのかわかりません。 検査者は分類の規則を被験…

ライフログの活用法。ニュースログと結びつける

毎日ニュース記事をひとつだけ、Evernoteに残しておいています。 こうすることで、「そう言えばこんなことがあったな。その日の私は何をしていた?」と思うことがあるからです。 たとえば、先月末ごろに「首里城全焼」というニュースが入りました。まだ記憶…

ライフログを緻密に取っている多くの人に朗報です

ライフログは取ってないにしろ、お子さんの誕生日の写真や動画は、わんさか取っているという人が多いと思います。 私はひとつ、数年前に大きな発見をしました。 4歳になる娘の誕生日に、2歳の時の誕生日の様子を動画で見せたところ、感動して泣いたのです…

時間節約術のひとつ。キャンセルしない

どうしても、という事情があるとは思うのですが、キャンセルというのは、けっこう時間を使うし精神的な消耗もあります。 セミナー開催しているとどうしてもよくわかってしまうのですが、キャンセルしない人と、する人の二種類がいるというのは、事実です。 …

タスク管理は未達事項を気にしなければうまくいく

未達とはつまり「やってないこと」です。 タスク管理で何より大切なのは、 いま何をやっているか ですが、次に大切なのは 何をやったか です。 いちばんどうでもいいのが これからやること です。 未達が多いとか、締め切りに遅れそうだとかいうのは、タスク…

有料のウェブマガジンCHANGESをリニューアル中です

2020年を迎える前に、新執筆陣を迎えたり、新連載をスタートすることによって、CHANGESリニューアル中です。 言いたいことやまやまのやままさんにはすでに、新連載を着々と更新中です。 全連載の第1話はすべて無料で読めますので、ぜひどうぞ! changes.jp …

野の医者は笑う:心の治療とは何か?

野の医者は笑う: 心の治療とは何か? 作者: 東畑開人 出版社/メーカー: 誠信書房 発売日: 2015/08/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る ブログタイトルを書籍タイトルと一緒にするというのは、個人的には避けたかったのだが、迷いに迷って…

自分の欠陥を正しく指摘できるような「他人」は存在しない

野の医者は笑う: 心の治療とは何か? 作者: 東畑開人 出版社/メーカー: 誠信書房 発売日: 2015/08/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る とてもとても面白い。 こんなに面白いと嫉妬したくなってくるほど面白い本である。 伏線も巧みに張ら…

「やる気が出ない」のか「実行に困難を感じている」のか

このふたつは違います。 よく「やる気が出ない」という言葉で、両方の意味を兼ねさせてしまうことが多いようですが、私は「実行に困難がある」方が圧倒的で、しかも人を悩ませていると思います。 ひとつの「困難そうな仕事」があって、それを先送りするとき…

タスクカフェ第100回が終わりました

タスクカフェ第100回が終わりました 100回目で大橋悦夫さんが タスクとアイディアを分ける 話をされました。 この中で大橋さんはアイディアを卵、タスクをひよこという比喩を使って 卵が卵のままならば扱いやすいが、ひよこになったらケアが必要になるので、…

どうしてもやる気がわかないときにチェックするべき考え方

「絶対に、重要な課題をきちんとこなし、周りの人に認めてもらわねば。そうでないと、私は嫌われ者になってしまう!」 →このようなとき、深刻な憂鬱、不安、パニックや自己嫌悪が生じる。 現実は厳しい でも幸せにはなれる 作者: アルバート・エリス(Arbert …