読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のきばメモ

佐々木正悟 nokiba のブログです。ここでは特にテーマを絞らずになんでも書きます

いいことがなにもなくても、自分の正しさは守られなければならない

アガーフィヤ・ミハイロヴナにとってはじめての、水をまったく加えない方法で煮られているのだった。これはキティが実家で行われている新しいレシピを持ち込んだものだった。 これまでずっとジャムを煮るのをまかされてきたアガーフィヤは、リョーヴィン家で…

「習慣化しましょう」では、なにも言っていない

やりたいことを習慣化するためにはどうすればいいか、というテーマについて語っていた時に、佐々木さんが「今日はこれだけ覚えて帰ってください」と言っていた言葉がありました。 同じことを繰り返すのではない。繰り返す同じことを見つけ出す 分かるようで…

正しい答えを出しつつ、そのことを説明するには、さらにリソースが必要だ

最近の教育心理学に登場した概念だと思うが「ジェスチャー・スピーチ・ミスマッチ」というものがあって「それは全くそうのはずだ!」と思っていたら、最近娘がこれを頻出させるようになって、とてもうれしい。 詳しくは以下のサイトで確認できますが、全部英…

外が嫌いだからひきこもっているわけではなく、人が苦手だっただけという「発見」

漫画「10年引きこもってた人が外に出たようです。」1話目|石田 和人|note 私はひきこもりではないのですが、驚くほど共感できる内容です。 ぜひ読んでみてください。 このブログエントリのタイトルのように書いてしまうと、なんともありがちな、と思わ…

短時間で「完全集中」するメソッド

新刊告知です。 短時間で「完全集中」するメソッド 佐々木正悟 大和書房 2016-08-24売り上げランキング : 13983Amazonで詳しく見る by G-Tools 単行本: 208ページ 出版社: 大和書房 発売日: 2016/8/24 収録内容 集中したい。あるいは他人を集中させたい。 …

サマーハックご参加の方へのプレゼント

すでに残席「4」となってしまいましたが、お知らせです。 上記日程で、「ライフハッカーの飲み会」を行います。 なるべくいろんなゲストをお招きしておりますので、気になる方は以下のサイトからご確認の上、ご検討ください。 ▼ 8月20日 サマーハック2016の…

「押しつけない」のが難しいのは認知コストがかかるから

いまでは政治について考えるとき、「多数派の専制」は一般に社会が警戒すべき害悪のひとつとされている。 (中略) 社会それ自体が専制的になっているとき──すなわち、集団としての社会が個々の人間を抑圧するとき──その抑圧の手段は、政府の役人が行う活動の…

Kindle Unlimited にログインしたら必ず読むべき少女コミック3作

オルフェウスの窓(1) 池田理代子 フェアベル 2014-01-27売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools とりあえず、これです。 とりあえずこれは、しかしとても長いです。 冒頭で挫折すると、この話のメインはぜんぜんわからないことになります。 一…

Kindle Unlimited はなるほど評価が分かれるだろうサービスだった

まず、個人的にはありがたいサービスですから、登録しましたし、しばらく継続もします。 このサービス、聞いた感じでは「すべてのKindle化された商品を、月額1000円未満で読み放題」と読まれるから、明らかにそうでないことへの不満がぬぐい去れないのでしょ…

心得とは、24時間続くPDCAであるから

「夫に死んでほしい妻」という記事を流し読みした。 穏やかでないタイトルながら、「離婚は大変だから死んでほしいと思う」という下りには、いまいち首肯しがたい。そこまで思うくらいなら離婚したほうが手っ取り早いと思うが。 ところでこの記事には最後に…

24時間態勢

これは拡散!!電話掛かると最初に『この電話は振込詐欺防止の為録音されています』のアナウンス。防犯率はかなりのものらしい。何よりこれ無料。ぜひ全国レベルでやってください! pic.twitter.com/vonYvCtfdl — 鉄朗君揉ムおじさんひィ子 (@hogehogeratta)…

脳が覚えようとしないのは「失敗するやり方」であって、「失敗した経験」ではない

まとめていただいて恐縮なのですが、ちょっと補足させていただきます。 正しいとか間違っているというよりも、話のテーマが違うところまで伸びていってしまったので。 人間がなにかしらの技術を習得するときというのは、小脳が失敗を間引くことにより、成功…

ブログを書くことの1つのメリット

ブロガーで生きるというのはいかにも難しく、いわゆる「小遣い稼ぎ」すらそう簡単にいくものではない。 それならブログを書くのはいったいなぜなんだろう。 ということを考えているせいか、「これかも!?」という発見があると、ブログを書く理由にならないか…

自分の幸せと自分の遺伝子の目標

シゴタノ!で大橋さんが「恩師」ではなく「本師」ということを書かれています。 私にはそこまでピンポイントでこれ!と言える本は、思い浮かびませんが、明らかに自分の考えにかなり根底から揺さぶりをかけた本はいくつかあって、『利己的な遺伝子』は間違い…

日記でPDCAできる

日記でPDCAできるといってもそんなのは当たり前だと思う人もあるだろう。 どうやればいいんだ、という人もあるだろう。 詳しくは、つぎの日記をパパッとでも読めば、おそらくわかる。 comic.pixiv.net ただ、けっこう大変そうである。もちろん人にもよるが。…

ブログ論。いつかのためのメモはいつまとめるのか?

何のためにブログを書くのか、といった話はいつまでも周遊をつづけそうだが、「いつか考えたいこと」をいつまでも放置しないため、という目的にはだいたい役に立つはずだ。 哲学的な話から、作ってみたいレシピまで。人は「後でこれについて考えよう。検討し…

本当に欲しいモノや出逢いたい人は存在する!でもどこに?

Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学 アルビン・E・ロス 櫻井 祐子 日本経済新聞出版社 2016-03-19売り上げランキング : 4052Amazonで詳しく見る by G-Tools もうひとつ! 何が足りないのかはうま…

要らないものとわかりきっているのに、お金は使えない

実際、カーナビがあるのにそれを使わず、スマートフォンに向かって目的地を話しかけているタクシーの運転手がいました。聞いてみたところ、カーナビでは表示範囲を変更するのが簡単ではなく、広い範囲を表示するのが面倒であるため、スマートフォンを使って…

大人向け

心に疚しいところのある夫が皆そうであるように、妻の暮らしの便宜には大変気を使っていたので、自ら家を調べて、必要と思った箇所はすべて処置しておくよう手配した。 こういう表現を読むと、ちょっとした感動を覚える。正しい文章というのは、私にとっては…

目的とは「内在するもの」だと思う

「目標はパリ、目的はフランス軍」ってどういう意味ですか? detail.chiebukuro.yahoo.co.jp 私はこういうのを読むたびに思うのだが、こういうのは言葉の使い方が少し変だから解らないのであって、変な言い方だが「わからない方が正しい」のだ。 目標と目的…

音声入力で本が書けるか?

話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる 野口悠紀雄 講談社 2016-05-20売り上げランキング : 317Amazonで詳しく見る by G-Tools 私は野口悠紀雄さんのファンと言ってもいいと思うのだが、野口さんの本を買って読んだのは、久しぶりのことにな…

iPad Pro の Smart Keyboardでcommand + tabが使えます

これはかなり大事なことです。 これでいちいちキーボードから手をはなして、画面をタップしなくて済むのです。command + tab 以外にも大事なショートカットがけっこう使えます。 support.apple.com 今、私はテキストエディタとしてWriteというアプリを利用し…

意外に時間がかからない作業もある

なので朝のお弁当づくりとかめちゃくちゃ億劫だし果てしない作業のように思えて、バタバタと支度をしている間に「ああ・・もうあと15分で家出なきゃ・・弁当は今日はパス!」となっていました。でも、この間弁当づくりをたすくまで計測してみたら平均時間…

自分が本当に満足することを知る

これを「知る」ためだけのセミナーみたいなのもありまして、それもいいでしょうが、やはり日記をつけるのがオススメです。 先日、私自身の日記にこうありました。 ハングアウトがなかったので、その時間で、時間割の見直しや、Evernoteの整理がかなり進んだ…

漠然とした不安を感じたら

「漠然とした不安につきまとわれる」という「性格なんだ」と訴える方が、ときどきいらっしゃいます。 「何とかならないだろうか・・・」とおっしゃるのですが、この種の問い合わせはいつもそうなのですが、尋ねている人自身が考えているとおり、「漠然とした不…

プロ野球交流戦もいよいよ大詰めです

残り1試合といったところです。 それにしてもどうして、こういう極端なことになるんでしょうか? プロ野球 - 交流戦順位 - スポーツナビ 12球団でパリーグ6球団が、セリーグ6球団とそれぞれ対戦する交流戦は、毎年似た感じになります。ここ2年は極端です。…

書籍の大半は見たことも聞いたこともないものになっている中で

ようは「読み終わった本」を紹介してくれるのはよいのだけれども、それだけだとあまりに数が少なすぎるんじゃないのか、ってことなんだと思います。ですよね。 rashita.net あー、いえ、ちょっと違う気もするんだけど、結論は同じなのか?! 『読んでない本を…

Copiedがかなりすごい

クリップボードの中身を、iPhoneでもMacでも同期してくれるというような、クラウドのそういう系だと思ってもらえればいいのですが、これがすごくいいです。 とくに、キーボードの入力代わりにできるというところがすごいです。こうできるんです。 たすくまで…

気力とは湿布のようなもの

何か気取ったタイトルをつけているわけではないのです。 かなり直接的な比喩です。 「やる気は有限」以来、いろんな比喩で、要するに何をお伝えしたいかというと、人はモチベーションの高まった状態で辛い作業をしたいと思うわけですが、それはいろんな制約…

ピザが勝手に巨大化することはない

1.大橋レシピ型 日々のくり返しにフォーカスする。大橋さん、佐々木さんがこのタイプ。 2.全取っ替え型 気になること、未来のことにフォーカスする。日々のくり返しを気になることや未来のことと取っ替えるというイメージ。Jさんがこのタイプ。 3.切り替え型…

「馴染み深くて新しいもの」は「妄想の実現したもの」に限りなく近い

誰かのことを好きになり、妄想の中でその人と楽しくデートする。ユートピアなはずだ。でも、人はそこで満足せず、やっぱりその人と接触したくなる。新しい情報を欲してしまう。 つまり、人は妄想の中に生きることはできない。 ここで立ち上がってくる疑問は…

倉下さんの小説の書き方は私のブログとおんなじだった

ライフハック@京都において、私としては最大の収穫の一つは、この発見だった。 倉下さんが言うには、「小説やフィクションは、一行書いたら、必然的に導き出される次の一行があって、そうしているうちに結末にたどり着く」のだそうだ。 一言一句そのままでは…

優先順位とはあきらめる順番

タスクリストやチェックリスト上でいかほど「これが大事!」「これこそが最重要!」「やらずに死ねない!」「絶対実行!」等々と規定していたとしても、現実に実行される項目もあれば、されない項目もあります。 頭の中でどれほど「これが大事!」「これこそ…

パリーグは強いのか?

パが61勝44敗3分けと大きく勝ち越し、11年間で10度目の勝ち越し プロ野球が好きな人なら今さら感のある話題だが、どうも変な話だ、といつも思う。 プロ野球も資本主義的な競争社会の中にあるので、基本的にお金があるチームにいい選手は集まらざるを得ない。…

思い出そうとしたものを、思い出せた!と人が感じるのはどうしてか?

以前、Evernoteに関するセミナーを共催中に、相手方の大橋悦夫さんにちょっとややこしい質問を投げてみたことがありました。 大橋さんはEvernoteを使って「あれはどこにあったっけ?これだ!」と見つけ出すやり方について話していました。 それ自体面白いプ…

環境とその問題は一変したのに、対応能力が古いままの私たち

「猛獣」「ヘビ」「クモ」「高所」「水流」「落雷」「閉所」である。現在の先進国では、疾患・自然死以外の死亡の原因は「自動車」や「刃物」 「電気」「銃」であるのに ヒトの脳にはクセがある: 動物行動学的人間論 (新潮選書) 小林 朋道 新潮社 2015-01-23…

不思議な国には魅力があるのか?

むかし、ザナドゥをプレイしてその素晴らしさに魅せられて夜も眠れなくなった頃に、「どうしてこのゲームがこんなに面白いのか?」の説明を大人に求めてみたが、納得のいく答えがまったく得られなかった。 私の周りにいた大人たちがたまたま無知だったのかも…

暗黒の奥に実際に行くとたぶん死ぬから代わりにゲームで遊ぶ

意志力、と似て異なりながら、非常に魅惑的な心理的な概念に「心のエネルギー」がある。 この言葉の持つうさんくささと魅力には、意志力の弱さにうちひしがれがちな私や、心にも体にもエネルギーが足りなげな私などには、抗しがたい。 意志力のなぞに迫るべ…

Evernoteとタスクシュート

動物行動学の視点からは、「空間や時間が、ホモサピエンスという動物種の脳によって生み出されている感覚にすぎない」ことは当然だと考えられる。それらの感覚は、ホモサピエンスが生存し繁殖する上で有利だったから生じた脳の働きにすぎない。 いっぽう、だ…

地味〜な天才

ナポレオン軍の惨状についてのパルチザンからの情報、モスクワからの撤退準備のなど、すべてが、フランス軍は壊滅して、逃げ出そうとしているのだという推測を裏書きしていた。しかし、それはただ推測にすぎず、若い者たちには重大に思えたが、クトゥーゾフ…

「そうすれば効率が上がるに、決まってるじゃないか!」「で、そうしない理由は?」

自分の仕事をしていて、最近くり返し感じるようになった奇妙な感じがあって、これに挑戦するというのが新しい課題かもしれない、と思うようになった。 ライフハックというモノに対する、奇妙な忌避感を、生まれながらになのか、信念の中でなのか、もつ人が多…

「何事も知ってしまったら」(宗方コーチふうに)

今のところ紙の本は出版取次が存在し、そこが金融の機能を担っている。電子書籍はデータ納品があるだけであり、取次が存在したとしても大規模な金融機能は期待しにくい。 honkure.net あいやー。 このことは、先日の記事では、わざと外しておいたのだ。 書く…

明らかに自分宛でない記事にわざわざ反応しない

読者のことを考えろ、とはよく言われるが、それを厳密に守ろうとしているのは、プロだけだ。 しかし、人はだれでも知らず知らずのうちに、読者を想定してかかっている。 たとえば「こうすれば文章がちょっと読みやすくなる」といった記事を、まさかトルスト…

熱があって、頭痛と、関節痛が続きます

これはいったい、なんなんだろう? 鼻水はでないし、ノドも腫れてない。 インフルエンザではないし(検査された)、お腹も壊してない。 食欲もある。 ただ、37度台の熱が上下して、頭痛と関節痛に悩まされている。 昨日あたりから二日間ずっとこれ。 こういう…

書籍がどんどん電子化して困るのは、出版社ではないのでは?

以前に書いたブログが実は飛んでしまったのですが、これについてはいくらか思うところがあるので、以前の記事に多少の加筆修正します。 電子書籍の普及が進んでいるように見える。 不思議なのはこの件について「出版社が、悩む」みたいな話を聞くことで、私…

☆を有料してしまえば・・・

この施策であれば、数が少ない評価は「まだ、定まっていない評価」だと「見える」ようになるでしょう。少なくとも、意味合いの異なる星の数が「同じように」は見えないはずです。 rashita.net これ、いいですね。視覚的効果で即座に訴えられるし。著者として…

共通言語としてのライフハック

昨日、R-Styleの倉下さんとの対談しまして「のきばトーク02」として公開収録していますから、よろしければお聞き下さい。動画ではなく音声のみなので、気軽にお聞きいただけるかと。 その対談とは間接的にしか関係ないのですが、ライフハックというのは共通…

iPadPro9.7インチを買ったぞ!

nokiba.hatenablog.jp という記事を書いてしまったわけだが、先日とうとうこれを買ってしまった! 冗談みたいである。使い途が分かってもいないのに、こんな高いモノを買うなんて! べつにお金持ちでもないのに。 使い途分からず買ったので、当然何がどう便…

不確実情報が足りない

レジデント初期研修用資料 医療とコミュニケーションについて medtoolz オーム社 2011-01-25売り上げランキング : 126419Amazonで詳しく見る by G-Tools この本はとてもとても面白いです。 私は医学を勉強したことがないし、医者になりたいと思ったことすら…

心理学と心理術

以前、心理学というのは「心」の「理学」(科学)であって、心理の学ではない、ということを書いた。 ところで、「心理術」はもちろん「心理」の「術」であって、「心」の「理術」であるはずもない。 昨日書いたメンタル系のメモみたいな記事がちょっとうけた…