読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

「つらいだけの人間関係」はやがて壊れてしまう

競争社会の中で個性がせめぎあう関係の中を生きてゆくよりも、与えられた位置を保ち心安らかに生きてゆきたいと思っている日本人は意外に多い。日本人にとって周囲と折り合ってゆける限りで世間の中で生きる方が、競争社会の中で生きるよりは生きやすいので…

「みんなと仲良くなる」のは難しくないのに、人間関係が難しい理由

受話器を取って相手の声音を耳にしたとたん、明らかに相手は怒っているようだ、ということは大半の人が即座に察知すると言われます。「人の気持ちが分かってない」と言われがちな私でも、この能力はあります。 この「察知」を可能にしているのは『ファスト&…

NozbeからTodoistへ転向中

非常に部分的な利用でありまして、若干贅沢なのですが、要するにそのほとんどは「経理系の処理のためのプロジェクト管理ツール」と化していたNozbeを今回Todoistへ切り替えているわけです。 もちろん、次のニュースを受けてのことです。 blog.todoist.com こ…

心が傷ついたときによく考えること

自分の親はひどかったけど、あの人のことを憎むのは時間のムダだし、そういう自分になりたくないから、憎むことはしない、という言葉を聞いたことがあります。 それは憎んでいる、のではないだろうか、と思わないでもないのですが、同時に、それはどこかしら…

「自分の本当の望みがよくわからない」というのは「幸せ」なことだと思う

私は心の底では表題のように思いながら生きている人間なので、むしろ逆にというかありきたりに「欲しいものが、欲しい」みたいなことにはなりやすい人間で、そのことに警戒してもいます。(ああややこしい)。 ほしいものが、ほしいわ。 糸井重里さんのキャ…

「自分の存在」が否定されたとき、私たちはどうするのか?

「自分の存在を否定するようなことをいわれた」という話をたまに聞きます。そのつど「これはどういう意味なんだろう? 自分のあのいやな経験と似ているんだろうか? そう思ってイコールで結んでもいいものかどうか」とあれこれ考え、悩むことになります。 こ…

ひどくあからさまなダブルバインドについて

あんまり書いても面白い話ではないんですが、いちおう書いておこうと思いました。 世の中には、不思議なダブルバインドがそこかしこに放置されているものではありますが、以前からずっと気になっていたのが、親が子のセックスを望まないくせに孫を欲しがると…

他人はたしかに私の鏡である

ファンタジーにもよく「鏡」というものは登場します。 あれは不思議なものですから。 人形劇にアレンジされた「くるみ割り人形」は主人公のクララが時計の中に迷い込むお話ですが、鏡の中に迷い込む作品も多く、日本ファルコムの「イース」などはゲームであ…

私は仕事から脱線する

タスクリストによれば「今すぐ寝て、明日の朝早く論文を書くべきである」とあるとする。 しかしオリンピックのエキジビションが今テレビでやっていて、それを見るまで寝たくない、とする。 どうすればいいのか? 今すぐ寝るべきか? それともテレビを見た方…

私が「本を書く」などという長期仕事ができるのは、自分に自信がないからではないか

心理学的というよりは「見ていると」なのですが、 「自分に自信がない」という人はおおむねプライドが高い 本人は「自信がある」とは言わないけれど、ありそうに見える人はあまりプライドにはこだわらない という傾向があるように、思います。 「本当の自信…

僕らには新しい新聞が必要だ

そもそも僕らとは?問題が尾を引くわけではありますが。 実際のところ「新聞」と銘打ったのにはもちろん深いわけがありますが、本来この用途では雑誌が穏当なところでしょう。 先日、次の本を買って読んだときにつくづくと思ったのです。 世界一やさしい ブ…

この自律神経失調症めいたのは結局パソコン依存のせいかと憂鬱

xn--eckp2gt40po3dzol33jxl7aj0gprkoxmlzz.jp まだあまりちゃんと調べてませんが、思い当たる節ありで。 そもそも、最近なんだか更年期障害めいてきていて、そういえば母がそうだった、女性ならではのもんではないのかとか考えつつも、自分も歳をとったとお…

仕事を一人だけで仕上げるのはおそろしく難しい

私には、いまだに漠然とした情念のようなものを抱えつつも、あまり手を出しにくい分野があるのです。KDPです。もうとっくにやっているべきことなんですが。 昨日、出版社の方と新企画の打ち合わせをしている間、ずっとこのことがアタマにあったのです。企画…

第41回のきばトークのこと

なぜか、すでに41回も続けてきているのきばトーク。 今日もまた、ほぼ40回にわたって付き合ってくださっている倉下忠憲さんとのトークでした。 今日の内容は、2人がどのくらいイメージを共有できているのかを探りつつの「僕らの生存戦略」について。 だいた…

Wunderlistは終わらせないで欲しい

gigazine.net という、ぜんぜん心躍らないニュースが飛び込んできました。 私はWunderlistをタスク管理ツールではなく、カタログ管理兼ネタ帳として使っているだけのため、そこまであれこれ言う資格などないとは思うのですが、ちょっとだけ。 タスク管理とし…

「うろおぼえ」をいかに活用するか

娘も小学校2年に上がり、「漢字テスト」などというものを持ち帰ってくるようになったので、「漢字は書き取りが一番難しい」という当たり前のことを思い出しました。 認知心理学で記憶想起について、一般に、想起を容易にするには、想起トリガーやマッチングのヒ…

理解できないものはメンタルパワーを消耗させる

愛蔵版 CIPHER 【電子限定カラー完全収録版】 1 (花とゆめコミックス) 作者: 成田美名子 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2015/10/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る その昔『サイファ』というとんでもないコミックを読み始めてとても困っ…

Mediumに浮気してましたが戻ってきてしまいました(笑)

あっち行ったりこっちいったり、自分でもうんざりしています。 が、とにかく戻ってきてしまいました。 理由は単純で、Mediumが見づらい気がするからというだけです。 アップも、べつにはてなに比べて容易という気もしなくなりましたし。 ブログタイトルだけ…

いいことがなにもなくても、自分の正しさは守られなければならない

アガーフィヤ・ミハイロヴナにとってはじめての、水をまったく加えない方法で煮られているのだった。これはキティが実家で行われている新しいレシピを持ち込んだものだった。 これまでずっとジャムを煮るのをまかされてきたアガーフィヤは、リョーヴィン家で…

「習慣化しましょう」では、なにも言っていない

やりたいことを習慣化するためにはどうすればいいか、というテーマについて語っていた時に、佐々木さんが「今日はこれだけ覚えて帰ってください」と言っていた言葉がありました。 同じことを繰り返すのではない。繰り返す同じことを見つけ出す 分かるようで…

正しい答えを出しつつ、そのことを説明するには、さらにリソースが必要だ

最近の教育心理学に登場した概念だと思うが「ジェスチャー・スピーチ・ミスマッチ」というものがあって「それは全くそうのはずだ!」と思っていたら、最近娘がこれを頻出させるようになって、とてもうれしい。 詳しくは以下のサイトで確認できますが、全部英…

外が嫌いだからひきこもっているわけではなく、人が苦手だっただけという「発見」

漫画「10年引きこもってた人が外に出たようです。」1話目|石田 和人|note 私はひきこもりではないのですが、驚くほど共感できる内容です。 ぜひ読んでみてください。 このブログエントリのタイトルのように書いてしまうと、なんともありがちな、と思わ…

短時間で「完全集中」するメソッド

新刊告知です。 短時間で「完全集中」するメソッド 佐々木正悟 大和書房 2016-08-24売り上げランキング : 13983Amazonで詳しく見る by G-Tools 単行本: 208ページ 出版社: 大和書房 発売日: 2016/8/24 収録内容 集中したい。あるいは他人を集中させたい。 …

サマーハックご参加の方へのプレゼント

すでに残席「4」となってしまいましたが、お知らせです。 上記日程で、「ライフハッカーの飲み会」を行います。 なるべくいろんなゲストをお招きしておりますので、気になる方は以下のサイトからご確認の上、ご検討ください。 ▼ 8月20日 サマーハック2016の…

「押しつけない」のが難しいのは認知コストがかかるから

いまでは政治について考えるとき、「多数派の専制」は一般に社会が警戒すべき害悪のひとつとされている。 (中略) 社会それ自体が専制的になっているとき──すなわち、集団としての社会が個々の人間を抑圧するとき──その抑圧の手段は、政府の役人が行う活動の…

Kindle Unlimited にログインしたら必ず読むべき少女コミック3作

オルフェウスの窓(1) 池田理代子 フェアベル 2014-01-27売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools とりあえず、これです。 とりあえずこれは、しかしとても長いです。 冒頭で挫折すると、この話のメインはぜんぜんわからないことになります。 一…

Kindle Unlimited はなるほど評価が分かれるだろうサービスだった

まず、個人的にはありがたいサービスですから、登録しましたし、しばらく継続もします。 このサービス、聞いた感じでは「すべてのKindle化された商品を、月額1000円未満で読み放題」と読まれるから、明らかにそうでないことへの不満がぬぐい去れないのでしょ…

心得とは、24時間続くPDCAであるから

「夫に死んでほしい妻」という記事を流し読みした。 穏やかでないタイトルながら、「離婚は大変だから死んでほしいと思う」という下りには、いまいち首肯しがたい。そこまで思うくらいなら離婚したほうが手っ取り早いと思うが。 ところでこの記事には最後に…

24時間態勢

これは拡散!!電話掛かると最初に『この電話は振込詐欺防止の為録音されています』のアナウンス。防犯率はかなりのものらしい。何よりこれ無料。ぜひ全国レベルでやってください! pic.twitter.com/vonYvCtfdl — 鉄朗君揉ムおじさんひィ子 (@hogehogeratta)…

脳が覚えようとしないのは「失敗するやり方」であって、「失敗した経験」ではない

まとめていただいて恐縮なのですが、ちょっと補足させていただきます。 正しいとか間違っているというよりも、話のテーマが違うところまで伸びていってしまったので。 人間がなにかしらの技術を習得するときというのは、小脳が失敗を間引くことにより、成功…

ブログを書くことの1つのメリット

ブロガーで生きるというのはいかにも難しく、いわゆる「小遣い稼ぎ」すらそう簡単にいくものではない。 それならブログを書くのはいったいなぜなんだろう。 ということを考えているせいか、「これかも!?」という発見があると、ブログを書く理由にならないか…

自分の幸せと自分の遺伝子の目標

シゴタノ!で大橋さんが「恩師」ではなく「本師」ということを書かれています。 私にはそこまでピンポイントでこれ!と言える本は、思い浮かびませんが、明らかに自分の考えにかなり根底から揺さぶりをかけた本はいくつかあって、『利己的な遺伝子』は間違い…

日記でPDCAできる

日記でPDCAできるといってもそんなのは当たり前だと思う人もあるだろう。 どうやればいいんだ、という人もあるだろう。 詳しくは、つぎの日記をパパッとでも読めば、おそらくわかる。 comic.pixiv.net ただ、けっこう大変そうである。もちろん人にもよるが。…

ブログ論。いつかのためのメモはいつまとめるのか?

何のためにブログを書くのか、といった話はいつまでも周遊をつづけそうだが、「いつか考えたいこと」をいつまでも放置しないため、という目的にはだいたい役に立つはずだ。 哲学的な話から、作ってみたいレシピまで。人は「後でこれについて考えよう。検討し…

本当に欲しいモノや出逢いたい人は存在する!でもどこに?

Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学 アルビン・E・ロス 櫻井 祐子 日本経済新聞出版社 2016-03-19売り上げランキング : 4052Amazonで詳しく見る by G-Tools もうひとつ! 何が足りないのかはうま…

要らないものとわかりきっているのに、お金は使えない

実際、カーナビがあるのにそれを使わず、スマートフォンに向かって目的地を話しかけているタクシーの運転手がいました。聞いてみたところ、カーナビでは表示範囲を変更するのが簡単ではなく、広い範囲を表示するのが面倒であるため、スマートフォンを使って…

大人向け

心に疚しいところのある夫が皆そうであるように、妻の暮らしの便宜には大変気を使っていたので、自ら家を調べて、必要と思った箇所はすべて処置しておくよう手配した。 こういう表現を読むと、ちょっとした感動を覚える。正しい文章というのは、私にとっては…

目的とは「内在するもの」だと思う

「目標はパリ、目的はフランス軍」ってどういう意味ですか? detail.chiebukuro.yahoo.co.jp 私はこういうのを読むたびに思うのだが、こういうのは言葉の使い方が少し変だから解らないのであって、変な言い方だが「わからない方が正しい」のだ。 目標と目的…

音声入力で本が書けるか?

話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる 野口悠紀雄 講談社 2016-05-20売り上げランキング : 317Amazonで詳しく見る by G-Tools 私は野口悠紀雄さんのファンと言ってもいいと思うのだが、野口さんの本を買って読んだのは、久しぶりのことにな…

iPad Pro の Smart Keyboardでcommand + tabが使えます

これはかなり大事なことです。 これでいちいちキーボードから手をはなして、画面をタップしなくて済むのです。command + tab 以外にも大事なショートカットがけっこう使えます。 support.apple.com 今、私はテキストエディタとしてWriteというアプリを利用し…

意外に時間がかからない作業もある

なので朝のお弁当づくりとかめちゃくちゃ億劫だし果てしない作業のように思えて、バタバタと支度をしている間に「ああ・・もうあと15分で家出なきゃ・・弁当は今日はパス!」となっていました。でも、この間弁当づくりをたすくまで計測してみたら平均時間…

自分が本当に満足することを知る

これを「知る」ためだけのセミナーみたいなのもありまして、それもいいでしょうが、やはり日記をつけるのがオススメです。 先日、私自身の日記にこうありました。 ハングアウトがなかったので、その時間で、時間割の見直しや、Evernoteの整理がかなり進んだ…

漠然とした不安を感じたら

「漠然とした不安につきまとわれる」という「性格なんだ」と訴える方が、ときどきいらっしゃいます。 「何とかならないだろうか・・・」とおっしゃるのですが、この種の問い合わせはいつもそうなのですが、尋ねている人自身が考えているとおり、「漠然とした不…

プロ野球交流戦もいよいよ大詰めです

残り1試合といったところです。 それにしてもどうして、こういう極端なことになるんでしょうか? プロ野球 - 交流戦順位 - スポーツナビ 12球団でパリーグ6球団が、セリーグ6球団とそれぞれ対戦する交流戦は、毎年似た感じになります。ここ2年は極端です。…

書籍の大半は見たことも聞いたこともないものになっている中で

ようは「読み終わった本」を紹介してくれるのはよいのだけれども、それだけだとあまりに数が少なすぎるんじゃないのか、ってことなんだと思います。ですよね。 rashita.net あー、いえ、ちょっと違う気もするんだけど、結論は同じなのか?! 『読んでない本を…

Copiedがかなりすごい

クリップボードの中身を、iPhoneでもMacでも同期してくれるというような、クラウドのそういう系だと思ってもらえればいいのですが、これがすごくいいです。 とくに、キーボードの入力代わりにできるというところがすごいです。こうできるんです。 たすくまで…

気力とは湿布のようなもの

何か気取ったタイトルをつけているわけではないのです。 かなり直接的な比喩です。 「やる気は有限」以来、いろんな比喩で、要するに何をお伝えしたいかというと、人はモチベーションの高まった状態で辛い作業をしたいと思うわけですが、それはいろんな制約…

ピザが勝手に巨大化することはない

1.大橋レシピ型 日々のくり返しにフォーカスする。大橋さん、佐々木さんがこのタイプ。 2.全取っ替え型 気になること、未来のことにフォーカスする。日々のくり返しを気になることや未来のことと取っ替えるというイメージ。Jさんがこのタイプ。 3.切り替え型…

「馴染み深くて新しいもの」は「妄想の実現したもの」に限りなく近い

誰かのことを好きになり、妄想の中でその人と楽しくデートする。ユートピアなはずだ。でも、人はそこで満足せず、やっぱりその人と接触したくなる。新しい情報を欲してしまう。 つまり、人は妄想の中に生きることはできない。 ここで立ち上がってくる疑問は…

倉下さんの小説の書き方は私のブログとおんなじだった

ライフハック@京都において、私としては最大の収穫の一つは、この発見だった。 倉下さんが言うには、「小説やフィクションは、一行書いたら、必然的に導き出される次の一行があって、そうしているうちに結末にたどり着く」のだそうだ。 一言一句そのままでは…