佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

【メンタルハック】

より大きな不安を回避するため、私たちは小さな不安を選択し続けてしまう

タスクログから、経験的に「未来は予測できない」ことを知っていた→不安になることにメリットを感じてもいた→けれど、倉園さんから、不安になることのメリットがないことを教えてもらった、という流れでいいでしょうか(・・?) https://t.co/3MRgkxpGkE — 皐…

文章を書きあぐねるということは

文章が書けなくて困ったことは、幼稚園の頃から一度もない。書き上げる文章の理想形などない。一度書き上げたらあとは編集の仕事。自分の文章や構成が大きく変えられることがあっても、自分の伝えたいことが伝わるならそれで構わない。 こうした言葉が、連続…

「自分の正しさを手放す」ことは「相手が正しいとみなす」ことを意味しない

昨日の記事ではなかなかうまく伝え切れていないように思うので、少し補足します。 nokiba.hatenablog.jp 私たちは、自分が苦しんでいるにもかかわらず、しかもその苦しみの一端は「自分が正しい」という思いにあるにもかかわらず、その正しさを手放しがたく…

焦りに焦っているときに聞こえる声

患者さんと接しはじめた頃、私がふしぎでならなかったのは、幻覚や妄想の内容 でした。 統合失調症の人には幻覚のうちでも幻聴がとても多いのですが、それはほとんどが自分を非難する声や責める声、脅かす声、自分を苦しめる声なのです。 「こころ」の本質と…

なぜデイリーリストが基本であるべきなのか

思いもよらないところから、ずっと探しているものが見つかるというのはよくある話です。 だから、畑違いの本を読むのは大事というのはありきたりですが、正しいのでしょう。 タスクシュートで「今日のリスト」を私は何より圧倒的に重視しているのです。しか…

メンタルを強くするには必要とされること。必要とすることも、必要とされること

長ーいタイトルで恐縮しきりです。 先日、倉園佳三さんの横でセミナーを主催していたというか参加しておりました。 kokucheese.com その中で「誰にも、誰ひとりとして自分をまったく必要としなくなったら生きていけない」というお話が出てきて、その様子をま…

飽きても飽きられたもあきらめずに

そういえば、コメディアンの志村けんさんは、ある若手から「自分の芸に飽きてきたのですが、これからどうすればいいでしょう?」と質問されたとき、キッパリと次のように答えたそうです。 「芸人が自分のギャグに飽きちゃダメだよ」 いまだにバカ殿や「アイ…

わざと体調を崩すことにはメリットもある

試合の前に、怪我による練習不足を周りに強く主張するスポーツ選手を例にあげる。 この選手がその試合で負けたとしても、負けの原因として、怪我による練習不足を思い浮かべるため、実際に相手より実力が劣っていたということが曖昧となり、彼の自己イメージ…

私たちはつい大きな報酬を得られることより負担の軽いことを選んでしまう

これも先日と同じ、岡野純さんとの会話で盛り上がった話題なのですが 漫画を書かずについ、ゲームしてしまう のです。 ひどくありきたりな話なのですが、考えてみるとそうシンプルでもありません。 岡野さん自身がおっしゃっていたことですが 「ゲームより漫…

眠れないときにはとりあえず呼吸を整え続けましょう

Photo by HanLin on Unsplash 実家より父母が来て、娘とトランプ放題をして帰って行きました。 その際、近くのホテルにみんなで行きました。 で、ここのホテルというのが、いろいろな点で79点から81点くらいの、悪くはないんだけどもう一押し、というところ…

凍てつくヒョウの降る朝に早朝ランニングするのは意志が強いのか融通がきかないのか?

平成最後の記事ですからずっと悩んでいた悩ましい問題を考え悩むことでしめくくりたいと思います。 きっと結論は出ません。 タスクシュートには、たっくさんのリピートタスクが発生します。 たとえば「朝食準備」というリピートタスクがあります。来る日も来…

だいたい大丈夫な気分に従うのが正しい

「考えろ! 想像しろ! 危険やリスクをすべて洗い出せ!」 私たちが過去や未来を思い悩んだり、「意味づけ」をしたりすることをやめられない最大の原因がここにあります。 goodvibes.work こちらの倉園さんの記事からの引用で、よぎったことがあります。 強…

驚いたら書く

最近ブログを更新する余裕がなくてちょっと間を開けていたら、掛けなくなっている。とは言え、書けてないのはブログだけなので、ブログを書くということと、本の原稿を書くということは、実はまったく違う行為なのだ。 まったくちがうは言い過ぎかもしれない…

仕事のやりがいを感じられないとき

私の場合はたまたまコンプレックスがお仕事になったけど、そうならない人もいますよね……。 ただ、仕事って、特別やりたいことがない限りは『お給料の代わりの何か』を淡々と差し出していくものなのかなと思っていて。 もし仕事にやりがいが持てないとしても…

夢日記

cyblog.jp この記事が実におもしろかったのと、この記事の末尾にこんなことが書かれていたので、急いで書くことにしました。 あと、佐々木正悟さんも夢記録に取り組んでいるはずなので、そのうちブログに書いてくれるかも知れません。 シゴタノ!でもそうで…

「杞憂リスト」を作るとだれでも現実に対する考え方が少しはポジティブになります

jmatsuzaki.com 面白いなあと思っていたら自分の本が紹介されて・・・感謝します! 短時間で「完全集中」するメソッド 作者: 佐々木正悟 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2016/08/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る jさんくらいポジティブ…

GTDで洗い出しを終えても、タスクの実行で焦らないようにする

タイトルがいまいち決まらなかったのですが、要は「さあタスクを実行しないと!」とか「なかなかタスクが片付かない」などという気持ちを抑えましょう、ということです。 気になることをことごとく書き出して、頭がスッキリした! というのはこのまんまです…

毎朝の目覚めが不思議とよくなるどうでもいいようなiPhoneショートカット

私は事実上プログラミングできるレベルにないので、あほーなショートカットを作ることしかできないのですが、それが意外な効果を発揮しているという話です。 見ていただければすぐわかりますが、こういうショートカットを毎朝使っています。 ようするに、毎…

人は権威に弱い。それも非常に弱い

服従の心理 (河出文庫) 作者: スタンレーミルグラム,山形浩生 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2012/01/07 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (29件) を見る この本は今、文庫で手に入ります。Kindle版も買えます。 時間…

信頼できない人の元では、モチベーションの維持が難しい

ちょっと面白い心理実験を見つけました。 英文なのですが。 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/desc.12388 「マシュマロテスト」は有名ですが、以前から私はあの実験、特に未就学児にとっては「後でもう一個もらえる」ということを「信用するかど…

温泉に行った日の夜は睡眠の質が体感的に極めていい。それをPillowで確認すると

温泉に行ったのは昨日なので、左が「よりよく寝られた」と感じている人いうことになります。 はっきり言って、データ的な違いは比較してもそれほど明瞭には思えません。データが少なすぎます。 感覚的には、REMが長い。つまりよく夢を見た気がします。これは…

タスクシュートで自分を変える方法

行動経済学者のハワード・ラクリンは、行動を変えることを明日に延ばすのを防ぐためのおもしろい仕掛けを提唱しています。 ある行動を変えたい場合、その行動じたいを変えるのではなく、日によってばらつきが出ないように注意するのです。 ラクリンによれば…

睡眠分析アプリ AutoSleep から Pillow へ乗り換えました

最近はごりゅごキャストの強い影響下にあります。 anchor.fm 私もキャストやってみたくなってきました。 ともあれ、Pillowはいいです。完全に寝落ちするタイプの人にはもしかするとダメかもしれませんが、布団に入ってから寝入るまでの時間などを計測してい…

偽薬(プラシーボ)に健康保険は適用されるべきか?

フランスではホメオパシーに健康保険が適用されています。 二〇〇三年秋、当時の保健大臣ジャン゠フランソワ・マテイが、ホメオパシーなど治癒効果が不十分な医薬品の保険支払い率を六五パーセントから三五パーセントに引き下げ、ホメオパシーは近い将来、保…

いつしか「文字数」だけが文章のゴールになってしまったときに

くだらない話をします。私も物書きだからです。 長い文章を書いていて、いつしか「文字数」だけがゴールになるということは、ままあることです。 子供が漢字をひらいてはマス目を埋め、読点を増やしてはマス目を埋め、○を二つつけてマス目を埋めて、一刻も早…

記憶はいつでも失われ続ける

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 作者: 先崎学 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る この本にはいろいろなことを勉強させられますが、強調されているうちに少し気になってきたのが…

「うつ病九段」は読んでおきましょう

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 作者: 先崎学 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/07/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 先日記事に書いた本と違って、こちらはいわゆる「闘病記」ですが、いま一番オススメです。少な…

なぜうつ病の人が増えたのか?

なぜうつ病の人が増えたのか (幻冬舎ルネッサンス新書) 作者: 冨高辰一郎 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス 発売日: 2010/08/25 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (8件) を見る この本はいい本です。 おそらくほとんどの人…

ぜんぜん終わってない漫画家が描く『終わった漫画家』が身に染みる

現在、第2巻まででています。 それにしても福満しげゆきさんは相変わらずというか、ギリギリのペシミズムがとても楽しいです。 漫画家とビジネス書作家は、部分的に共通点があります。 基本的には、編集さんからいただく企画イメージを、具体化することで納…

イラッとしたらレクイエム

公共の交通機関とかそういったところでは、どうしてもイラッとしてしまうということはありますね。 イライラしたところでしょうがないとは思いますが、個人的な価値観、ないしはたぶん育った家庭環境の価値観を「あからさまに破られる」ようなときにイラッと…