佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

dynalist

Dynalistのネタ帳に沿って連載記事を書いていく

こんな感じで、Dynalistを「ネタ帳」にしています。 ごりゅごさんも書かれてましたが、トップの項目をタグにしてしまうというのは何かと便利です。私はそれを日付+タグにしています。 goryugo.com こうしておくと、上の例であれば、昨日の14:30の項目として…

ごりゅごさんとやっていることがあまりに酷似しているので少し気持ち悪かった(笑)

goryugo.com この記事読んでね、以上! といいたくなるくらい、何から何までそっくり似たようなことをやっていて、少しなんといったらいいのか・・・。 私もこの記事でやっていることと、ほぼ99%同じ事を、Evernoteとダイナリストでやっているんですが、私が特…

#Dynalist を使い始めてから今日までの記事をいったんまとめておきます

ここのところずっとDynalistを集中的に使い始めているわけですが、とりあえず使い方が落ち着いてきたので、ここまでにブログで書いた記事をまとめておきます。 nokiba.hatenablog.jp このへんを書いたあたりから真剣にWorkFlowyからの移行を進めていますから…

本も連載もブログも #Dynalist で書くのがベストだと思ったのでそうすることにしました

なんと、日時をあてるとDynalistのメモがそのままグーグルカレンダーのメモに送り込まれてしまうのです! これは大変素晴らしいです。これで、昨日何を書いたか、先週何を書いたかを、カレンダーから全部レビューすることができちゃいます。しかも、それはそ…

#Dynalist でトピックをノートに移動するには move toを使う

本当は、トピックをドラッグしてノートに移動したいところです。 こんなふうにしたいと思います。 でもこれができません。 Workflowyはすべてが1つになっているのが大きな特徴でしたが、ノートやフォルダが分かれるDynalistのメリットを享受する以上、すべ…

1度やってしまうタスクはTodoist。リピートタスクのネタをDynalist

nokiba.hatenablog.jp こちらで同じようなことを書きましたが、 一回きりのタスクをTodoistに集約 リピートタスクの内容をDynalistで練る というルールにしました。 それを前日までにGoogleカレンダーと同期します。 すると、上のようになります。 今はGWな…

#Dynalist 採用後も #Todoist へ残すことにしたもの

こういうのは非常に地味な話ではあります。しかし、実はこういったところがポイントだったりもするのです。 そもそも、Dynalistのことをあれこれ書いてみて、これはEvernote以来の衝撃だと考えているのですが、その時点でEvernoteとDynalistの使い分けが必須…

#Dynalist と Evernote

使い分けの問題ではなく、ほとんどのメモをDynalistに集めつつある現状、にもかかわらずEvernoteは使い続けざるを得ないわけですが、もはや二元化が必須になる状況で、一元化という基本原則を破る事になる今後はどうプランしていけばいいのだろうと思うわけ…

Ulyssesから #Dynalist へは、文字数カウント他のハードルがあります

昨日はTodoistからの移行を決めた話を欠きました。 nokiba.hatenablog.jp 調子に乗って、今日はUlyssesからの移行を決めようと思ったのですが、これは一筋縄ではいかないですね。 まず、文字数カウントという機能がUlyssesにはあります。そんなの何とでもな…

Todoistから #Dynalist へ乗り換えます

どう考えてももはや、Dynalistへ一本化してしまった方が便利だという結論に至りました。 一本化というのは たすくまに流し込む「原稿」などの週間タスク アウトライナー 企画ノート の3つです。 いままで、この中のアウトライナーはWorkFlowyにあり、企画ノ…

日記もDynalistで書くようにしました

これが最後までためらっていたのですが、とうとう日記もDynalistで書くようにしています。 私はプロフィールと日記は、Scrapbox向きだと思っています。特に日記は、精神分析的に使っているつもりなので(意味不明かも知れませんが・・・)キーワードだと思った単…

Dynalistはいいですね!

goryugo.com 私に関してはこの記事からすべては始まった、というか始まってしまいました。 今、いろいろ移行中です。 しかし不幸中の幸いというか、WorkFlowyをそこまで使い込んでなかったので、まあよかったです。移行は難しくないですしね。 この2つは、比…