読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

ブログのことでも書こう

これまでたとえば「ライフハック心理学」などではなるべく「ブログのこと」なんかは書かないようにしていた。というのも、ブログでブログのことについて書くのはどうもすわりが悪い気がしていた。

しかし、このブログで書く分にはべつにいいという気がするので、書くことにする。

このテーマでは枕詞みたいにいわれることに「ブログは基本何を書いても自由」というのがあるが、もちろんそれは基本だと思う、異論はまったくない。

自分は何かと分類が好きな人間で、頭の中で、ブログも5種に大別している。

  • アドセンスで稼ぐことを目的にしたブログ
  • アソシエイトなどで稼ぐことを目的としたブログ
  • 「自分の庭」のような「自分のブログ」が欲しいという人のブログ
  • 日記になっていない日記ブログ
  • 日記になっている日記ブログ

細かく分ければもっとあるし、アドセンスでアフィリエイトもやっていてしかも日記というケースもあるが、どれを前面に感じるかという印象的な分類である。

それぞれの目的によって楽しみ方が違うので、私の楽しみ方にてらした場合の、「こう書いてもらうとありがたい」というのを書いてみると。

アドセンス系

まず、アドセンスで稼ぐことを目的にしたブログでは、私の興味をGoogleが酌み取ったりしてアドセンスをどんどん入れ替えてくるので、おんなじようなのがあちこちに挟まっていると、私としてはうっとうしい。

とは言え、楽天などで買い物をするときには、楽天に行くよりも、ブログからいったほうが手間が省けるということもあるため、しょっちゅう読んでいるブログからは、そのままアドセンスを踏むのである、私は。

もっとも私のようなユーザーをあてにするよりも偶然踏む人のほうが多いから、私のような者の言い分にはあまり意味がないだろうが、私としては、話が面白く、毎日更新してくれれば、そして、エントリ前後に、画像付きでおいて置いてくれると助かるのである。文字だけの広告は「読む」のがてまなのでスルーする。

アソシエイト系

次に、アソシエイトなどで稼ぐことを目的としたブログの場合は、これはもう昨日書いたとおりで、本や商品の情報をきっちり書いてくれるほどいいのである。「すげえ便利」とかいうのは、私には無意味な情報だ。ごく常識的な表現で、詳細に、具体的にかかれている方が望ましい。

また、アソシエイト系は、実はブログのデザインが大事だという気がする。そこで「探し物」をするからだ。

そういう意味で、小見出しや太字など、雑誌の編集のような編集力を求めたくなるのも、実はこの手のブログだったりする。ただし、情報量が多いながらも文章が十分に読みやすく面白ければ、雑誌のようなプロっぽいレイアウトは不要である。

自分の庭系

3番目の、「自分の庭」のような「自分のブログ」が欲しいという人のブログだが、もうこれはそれこそその人の自由なので言うべきことなどないわけだが、たいていはデザインに凝っていて、凝りすぎているほどだ。しかも、私はいまどき時代遅れなRSSリーダーで読むので、デザインなどは見てなかったりもするのである。

申し訳ないのだが、この種のブログは私とはあまり縁がない。どうぞ御自身の道を行って下さい。こういうのでは「自己満足」こそが大切だと思う。

ただ、フィードをしやすくしておいて頂き、文章は短く気の利いたもので、たまに「デザインを変えたよ」などというお知らせを入れておいてもらえると、その時だけブラウザモードに切り替えてみたりできる。

以下は日記系

さて、ここからは日記ブログ。先に、日記になっていない日記ブログ、つまりこのブログのようなブログだ。

はっきり言ってこういうブログは、読みにくい。あくが強いのだ。ニュースや出来事でもないのに連日、その人の思考内容を読まされる。

生に近い思考内容だから、理路整然としているとか、論理的だといったことは、期待できない。感情を文章に転換したようなものだ。

やって欲しいと思うのは、読み直すことである。校正というのではなくて、頭が炎上していないかどうかをいちおうチェックして、少し表現を譲歩してもらった方が、読む側としてはいい。

でもそんなことをするくらいならそもそも書かない、というものでもある。

最後に、日記になっている日記ブログ。

言うべきことはもちろんなにもない。

あえて要望するとなれば、できるだけ赤裸々に、しかも誇張を避けてくれると、面白いと思う。

有名人の自己PRもこのタイプなのだが、なめているアイスの写真だったりすることが多い。