読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

iPadPro9.7インチを買ったぞ!

nokiba.hatenablog.jp

という記事を書いてしまったわけだが、先日とうとうこれを買ってしまった!

冗談みたいである。使い途が分かってもいないのに、こんな高いモノを買うなんて!

べつにお金持ちでもないのに。

使い途分からず買ったので、当然何がどう便利だといったレビューはまだまだムリである。が、買ってみてまず感動的に素晴らしいと思ったのが

これほどネットサーフィンというものが快適だという体験をしたことはなかった!

ということ。

つまりiPadProは、驚くほど理想的なネットサーフィン用のガジェットである。

これは、非常に説明しにくい。いまどきネットサーフィンなんて、やろうと思えばらくらくホンでもやれるのだ。

でも、リビングで、調べたいことを、驚くほど高速に、指先からシームレスで、十分な画面の広さと、紙に印字された以上のフォントと発色で調べられるということは、すごい贅沢なことだ。

iPadProは間違いなく、大変な贅沢品である。お金持ちの人たちはこれを買うべきだ。

音もとてもいいし。

アタマが痛くなったりしないなら、電子雑誌もとてもいい!VERYを何冊買っても雑誌のゴミの日に頭を悩ますなんてことはなくなる。しかも、これは妻の言だが、洋服のリアリティは紙の雑誌を上回る。

それから、ネットショッピングが素晴らしく快適になる。すばらしく。そんなにたくさん文字入力しなくていいような、たとえばAmazonでワンクリック注文するというようなときは、怖いくらいだ。

多くの人は、こういう話ではなくて、ペンで文字入力をしたら仕事で使えるかとか、スマートキーボードでの文字入力はどうだとか、プレゼンをするなら、といったことを聞きたいかもしれない。

そういうことなら、iPadProでもできるかという検討をするのではなく、新しいMacBookSurfaceを検討するべきだ。仮に「仕事にも」使えるとしたって、結局パソコンのほうが仕事はやりやすいのに、「でもできる」程度の板に支払うお金としては高すぎると思う。

私は、EvernoteiPad用のアカウントをつくったので、Evernote専用機として使ったり、特定の文章量を読むにはいいので、REEDERにiPadで読むフィードを登録したり、妻用にテレビを見られるように設定している。

だからけっこういろんな用途で使える。そしてそのどれもが非常に快適だ。でもどれも、この値段を出してまでやることではない

REEDERなら、iPhoneでも読める。テレビなら、もっと安い専用機がある(しかも便利そう)。EvdernoteもMacでいい。

「手描きでアイデア発想支援」とかをやると気持ちはいいかもしれないが、100円ショップでメモパッドを買ってきて、スキャンスナップで読み込ませても、結果はたいして変わらない。確かにiPadでやった方が、よりシームレスでスマートかもしれないが、およそ700倍の値段がかかるということを忘れてはならない。

これが正直なところだ。けれども買って後悔はしていないのである。これも正直なところ。