佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

書籍がどんどん電子化して困るのは、出版社ではないのでは?

以前に書いたブログが実は飛んでしまったのですが、これについてはいくらか思うところがあるので、以前の記事に多少の加筆修正します。

電子書籍の普及が進んでいるように見える。

不思議なのはこの件について「出版社が、悩む」みたいな話を聞くことで、私など素人からすると、悩むのは出版社じゃないんでは?と思えて仕方がない。

出版社は、紙だろうと電子だろうと、売れればどっちでもいいんではないだろうか。

仮にすべての書籍が電子化されて間違いなく困るのは、紙の本を運んできたところと、並べてきたところのはずである。出版社はそのどちらでもない。

紙の本はなくならないはずだが、運んできたところは、運ぶものを変えることによって対応するだろう。

問題は、並べて売ってきたところで、こちらは、並べるものをおもちゃやニシンなどに変えるといっても容易ではない気がする。

リアル書店で「買う人」こそ、リアル店舗にとっては大切だろう。けれど、本読みというのは、「そこで読んでいる」ということがすごく多い。全然買わないで読みまくっているすごい人もけっこう見る。

入場料を取って、コミックのビニールは外してしまったら、本当にどうなんだろう。紙の書籍を買った人には電子書籍も漏れなくついてくるようにも、こうなったらやるべきだ。

もう一つ考えられるのが、電子書籍しかないコンテンツを印刷・製本して並べてみることだ。

どの本にするかは書店の裁量で。うまくやれる人があれば、ビジネスにできる気がする。こういうのこそ「その場で読む」に向いていると思うし。

なんのかのといっても「電子書籍だと読まない」という人は、少なくない。本読みにも意外と多い。「リアル」にしてみれば一見、こうした人たちこそ「神様」かもしれないけれど、電子書籍を読んだから見つかる紙の本(あるいは著者)というのも、ここまで来ると侮れない。

本はもうどうせ、読み切れない。だったら、自分に合った本を読みたいという人がどんどん多くなる。電子なら余計にそうだ。本に関する情報は、電子媒体のほうがとりやすい。だからその流れで、電子書籍は強いのだが、電子書籍がないような本も、Amazonが一番買いやすい。こういう状況で「リアル」はどうしたって分が悪い。

「リアル」はもうだから「図書館」のような機能こそ売りになると思う。