佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

「何事も知ってしまったら」(宗方コーチふうに)

今のところ紙の本は出版取次が存在し、そこが金融の機能を担っている。電子書籍はデータ納品があるだけであり、取次が存在したとしても大規模な金融機能は期待しにくい。

 

honkure.net

 

 

あいやー。

このことは、先日の記事では、わざと外しておいたのだ。

書く気分になれなかった。

書き出すと、何かにはまり込んで、答えが出なくなるという気がした。答えなど、ないのだけども。

自分はかつて、この仕事を始めてしばらくの間、この事実を知らなかった。倉下さんは、最初から知っていたのだろうか。

もちろんべつに闇の話ではない。知ろうと思えば表の情報から、知りうる話だ。でも普通の人は知らないと思う。

倉下さんはさらっと書き、続きの話を展開している。それが正しい。でもこれに触れてしまうのは、依然としてどっぷり紙の著者としては、何かあれなのだ。

少なくとも自分は、これを知る前と知ったあとで、ナイーブさが大幅に変わった。そんなふうにならずともいいだろう、という人もあるかも知れない。でも、自分はそうなってしまった。