読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

要らないものとわかりきっているのに、お金は使えない

実際、カーナビがあるのにそれを使わず、スマートフォンに向かって目的地を話しかけているタクシーの運転手がいました。聞いてみたところ、カーナビでは表示範囲を変更するのが簡単ではなく、広い範囲を表示するのが面倒であるため、スマートフォンを使っているのだそうです。

 

 

話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる
話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる 野口悠紀雄

講談社 2016-05-20
売り上げランキング : 456


Amazonで詳しく見る by G-Tools

ときどき思うのだが、いわゆる最近の「日本企業的な問題」というのは、こういうところなのではないかという気がする。

べつに製品が悪いとか、使い勝手が悪いとか、コストパフォーマンスが悪いということではなくて、ただ、要らないものを完璧に作りあげ、それを売ろうとがんばりすぎているような。

スマホがあれば、カーナビは、要らないのである。最近自分は新車を買うのだが、カーナビを見たとき、すごくムダなものが車のど真ん中を締めているのに、何とも言えない気分になった。

営業マンの人は、いい人だったのだが、最新式の「音声入力」の、カーナビを詳しく説明してくれた。音声入力の向こう側にはなんと「人間」がいらっしゃった!

「東京ディズニーランドまでの道順を」と口頭で告げると、「はい。了解しました」と感じよく答えてくれて、自動的に道順が示される。確かにSiriより感じはいいと思う人はいるだろう。Siriほど速くはないが。

ある意味では、衝撃的な体験だった。話によると、2年間無料で使えて、以降、毎年2万円だとかなんとか。(正確に記憶する気もなかったので記憶は不正確かもしれない)。

衝撃的だった。私にはめったにないことだが、日本の将来が心配になった。少なくとも憲法改正問題騒動よりは、心配になった。