佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

第41回のきばトークのこと

なぜか、すでに41回も続けてきているのきばトーク。

今日もまた、ほぼ40回にわたって付き合ってくださっている倉下忠憲さんとのトークでした。

 

 

今日の内容は、2人がどのくらいイメージを共有できているのかを探りつつの「僕らの生存戦略」について。

だいたい「僕ら」とは誰らなのか、その中に倉下さんと私は入っているのだろうか?

そして、「生存戦略」に沿って生きていけば、少なくとも平均寿命の15年手前くらいまでは死なずにすむのか?

といった話でもないわけですが、生きるってことは、いろんな意味で難しいと思うのです。難しくないという人も多いかもしれませんが。

いまの時代がかくべつ難しいとも思えませんが、いまの時代にはならではの難しさがあります。

私はちなみに喋っている間中、次の本のことが念頭にありました。

 

<いま・ここ>。何百億人の個人が、生まれては、消えていった。

その活動の痕跡としての、現在の成果。

僕が一個人としてそこに<参加>すること。

「歴史」は、自分の外を流れていく何かではなくて、自分自身がその一部であるもののはずだ、「宇宙」のように。

僕自身が宇宙の一部であり、歴史の一部なのだ。

 この地上で、この身体を使って、僕という素材を使ってできる、最大限のことは何だろう

 

 

「ひきこもり」だった僕から

「ひきこもり」だった僕から

 

 

こういうことと、いったい「ライフハック」なんてものをどう折り合いをつけられるというんだ?!と思われそうですが、折り合いなんか付かないでしょう、常識的に考えて。

だから私はライフハックに、なるべく絞るべきだと思っているわけです。