佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

最近Evernoteの関連検索がすごくなってきた

 最近、こんな本を買いました。

文学効能事典 あなたの悩みに効く小説

文学効能事典 あなたの悩みに効く小説

 

 珍しく書店で見かけた本を買ったのですが、実はその前から、Amazonかなにかで見かけ、Evernoteにクリップしてあったんです。

そんな本はもちろんざらにあるわけですが、今読みたいいくつかの本の中で、なぜこの本を買う気がしたんだろう・・・とよくよく記憶を辿ったり、無意識を覗こうとがんばってみると、なんか、こういう本を読みたいという気分を以前、倉下忠憲さんと喋ったりしたような記憶がよみがえってきました。

無意識の記憶には、キーワードがからんでいて、そのキーワードは、集合知とかAmazonランキング、といったものでした。

自分と倉下さんが喋りそうなことといったら、アマゾンランキングにのっていないような、自分が読みたそうな本のことくらい、AIか「キュレーター」が教えてくれそうなもんだとかなんだとかいったことに違いないという気がしていたら、不意に、自分とも倉下さんともぜんぜん縁遠そうな人が、そういうことを言っていたことがきっかけで、そんな話をのきばトークでした、という記憶がおぼろげながらよみがえってきたのですが、それがいったい誰のどんなTweetだったか、もちろん思い出せず、少しもやっとしていたのです。

www.youtube.com

のきばトークぜんぶ聞き直せば、あるいは何かを思い出せるかもしれないが、まさかそんなことをする気はぜんぜんしないし。まあもちろん、思い出さなくてもなにも困ることはないだろうし、思い出してもそれほどトクすることがあるわけじゃないだろうけど、思い出したいことを思い出したいというこの気持ちは、なかなか理不尽に根強いのです。

そうしたらなんと!Evernoteが関連検索で教えてくれたというわけです。この本のクリップの関連検索に「ランキング以外の本で読みたい本がなんとかかんとか・・・」といったメモがピックアップされ、さらにそのメモの関連検索に、竹熊健太郎さんのTweetが。

 ちょっとびっくりしました。そしてとてもスッキリしました。まあ、やっぱりただそれだけのことではあるのですが。