佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

GoogleアシスタントをiPhoneで使っていて思ったこと


そもそもこれ自体が不思議と言えば不思議なニュースですね。

とりあえず感じたことは、Googleマップを使うなら、Googleアシスタントのほうが便利な気がします。

 

こちらの記事にもあるとおり、Siriはあまりにも「1問1答」に限定されて、Googleマップが便利なような「これを表示させたということは、これを知りたいんだろう」を予測する能力が、足りないと思えます。今後急速に変わっていくでしょうが。

GoogleアシスタントをiPhoneで使っていて、しかしなにより思ったのは

「どうしてApple Watchから標準メモにメモ入力させてくれないんだ?」

という、一見あまり関係のない不満というか疑問でした。

Apple Watchをお使いの方は「メモ」をどうしているのか。たぶん、Watch NoteとかEvernoteとかなんだと思いますが、やっぱり標準メモをいろいろ使いたいと思うわけです。

 

つまり、双方向的なやりとりが、今後「音声アシスタント」に組み込まれてくるならば、「それをメモするなら、過去にこういうメモがありました」とか「そのメモであれば、後で日記ノートとマージしておきますか?」といったことを聴いてきてくれてもいいように思ったわけです。

そもそも、とくにSiriに感じることですが、「音声アシスタント」とか「AI秘書」には、もっと提案して欲しいものです。

こちらが必死にフリック入力している傍らで「わたしに言ってくれれば、口述筆記できるんだけどな・・・」と思いつつ、黙ってみている秘書というのは、何なんでしょう。

もちろん「提案」などわずらわしい人は設定でオフにできるようにしておけばいいわけです。

 

「タスクリストの作成が終わりました。買い物2時間を考慮して、通常の80%で構成してあります」


「二時間? えらくタイトスケジュールだな。あの店はそんなに遠くないだろう」

 

「これまでのログを考慮すると、今日のマスターはドルズショップに長時間滞在することが想定されます。平均買い物時間のおよそ200%というのが私の推測で、それが反映された結果です。リストを再構築なさいますか」

 

怒りも皮肉もない声で冷静に事実を告げられると、心の持って行き場がなくなってしまう。アリスの指摘する通りあのじいさんと話し出すと時間を忘れてしまうのだ。

アリスの物語 (impress QuickBooks)

アリスの物語 (impress QuickBooks)

 

 

 このレベルで、というのはまだ無理として、「それがしたいならもっと楽にやれる」という程度の提案は、音声でアシスタントして欲しいと思うし、今なら無理ではないと思います。

 

【英語版】アリスの物語/Alice's Tale (impress QuickBooks) (English Edition)

【英語版】アリスの物語/Alice's Tale (impress QuickBooks) (English Edition)