佐々木正悟のメンタルハック

メンタルハックをテーマにおいたビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のワークスタイルを中心に書いていきます

【メモ】タスクとメモとプロジェクトは一元化が鉄則である、が

いま、急速にTodoistへの一元化が進行中であります。

ちょっと前に、Trelloだの、メモだの、Evernoteだのの、棲み分けを問題にしておりました。

 

nokiba.hatenablog.jp

 

こういう「病気」が私の場合、ある程度の頻度で発生します。たぶん私と似たような人においても、同じような病気がときどき発症するでしょう。

しようがないんだと思うのです。なぜならば、私どもはみな、一元化が必須であり鉄則であり基本原則だとわかってはいるのですが、MOLESKINEもEvernoteも、いまあるツールがいまあるような環境に置いては完璧ではないのですから。欠陥があるのです。

QWERTYがあり、フリックがあり、そして万年筆があり、自分の声があるこの時代において、それぞれの入力形態をTPOに合わせて使い分けたいというのが一つの理想です。

しかし、手帳、Evernote、ポメラ、iPhoneは、入力形態に制限をつけます。その上、推奨する出力先も、完全に自由ではありません。手帳はEvernoteを受け付けず、EvernoteはiPhoneとの相性が完全ではなく、といった具合です。

私は、Trelloを「共有情報管理」において依然として残していますが、使い途が相当に限定されると思い知りました。

 

nokiba.hatenablog.jp

 

「メモ」は、どうしても紙を印刷しなければならない代わりとしてはよく機能しますが、きわめて短期間のうちにEvernoteへ出力しておく必要があります。

Todoistが結局、プロジェクト管理ノートとして残りました。しかしTodoistを本格的に運用するには、「プロジェクトノートはここに一元化されている」という前提を要求してきます。

本の原稿はEvernoteを見て書いて、タスクカフェの資料はTodoistにある、だと、わからなくなっていくのです。わからなくならないようにカレンダーと連携させたり、リンクを張ったりすることはできますが、それでいいのはあくまでタスクからTodoistを見る場合に限るのであって、たとえばタスクカフェ開始直前に資料を読み返したいと思ったら、TodoistかEvernoteかTrelloかという疑問を持ったらダメなのです。

したがって冒頭の結論に至ったのです。

いま、急速にTodoistへの一元化が進行中であります。