作家のライフハック

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

今年いちばんの、と言われれば

 

僕だけがいない街(9) (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(9) (角川コミックス・エース)

 

 これでしたかね。

何と言うか、すごく続きが気になり続けたんですね。続きが気になるということには、ある種の不快感が必須だと思います。最後まで必ずしもスッキリしなかったからよけい印象に残りました。

設定にはかなりあり得ない条件が含まれていましたし、漫画だからということでそれを呑み込んだとして、その後も相当に深刻な展開。

私はこういうものにあっさり呑み込まれるくらいの自我の弱さがあるので、非常にたのしめます。共感しているわけでもない主人公に強烈に感情移入してしまうんです。

完全に八方ふさがりになったところでは、かなりハラハラしました。えん罪というのは、監禁と並んで、いやなものです。

今年は傑作をいくつも読むことができました。中でも最高傑作かというとどうだろうと言わざるを得ませんけれど、もっともインパクトに残っているのはこれなのでした。