佐々木正悟の「のきばブログ」

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

原稿を書く@10:30というコンテクストをタスクリストにつけてみましょう

タスクシュート式にはいろんな「ルール」があって、それらに沿うことで自動的にシステマティックな行動管理ができる、ということになっているのですが、「やればよさげだけど大変すぎる・・・」という話がついてまわります。

やればよさげだとイメージされていることには誤解が多く、大変なことにも誤解が多いのですが、それを一つ一つ説いて回るのはブログ記事ではそれこそ大変なので、思いつきをときどきこうして投下しております。

その1つに、GTDでもおなじみの「コンテクスト」。

ただしタスクシュートでは「セクション」がきわめて重要なコンテクストであり、他のコンテクストはおまけです。

GTDにおけるコンテクストは、「その場、またはその状況でできることをリストをアップする」機能が重視されていますが、タスクシュートでは「その時にやる意味」を強く問います。

たとえば同じ「原稿を書く」というタスク1つとっても

  • 「原稿を書く」@5:50
  • 「原稿を書く」@10:30
  • 「原稿を書く」@21:00

この3つはまったく違った意味を持つということです。

ちなみにここでさっそく誤解が起こりますが、タスクシュートでこういうような表記があった時に意味するのは10時半ちょうどに原稿を書き出すという意味ではなくて、10時半ごろに書けたらいいな……という程度の意味です。

それでも、朝の5時台に書こうとしているのと、朝の10時台と、夜の21時頃とでは、同じ行為の意味が大幅に変わってくるのです。

それは、想像できますよね?

そして、その時ならできるのか?

つらくても何とかやれるのか?

ちょっととても無理です、なのか。

無理なことはしないこと。

それがタスクシュートの基本原則です。