佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

Apple Watchを使ったたすくま時間術

Apple Watchのたすくまコンプリケーションはとても考えられていて、

  • 実行中のタスク
  • 次の予定タスク(開始時刻が決まっているタスク)

の二つが並びます。

f:id:nokiba:20180321120400p:plain

 

まさにこういうふうに意識って働いていると思うんです。

いまやっていることと、次に間に合わせなければいけない時刻のイベントのことが、意識されている。

朝食を取りつつ、次のイベントとして、出発する時刻を意識する。

電車の中で本を読みつつも、次のイベントとして、電車を降りるという意識がある。

タスクシュートを使っていると、「カレンダーにのっている予定」とはまた別に、一日の状況に合わせて、動かさざるをえない予定というものがある。あるいは、細かく決まる予定時刻というものがある。ということに気づかされます。

これが現実の状況と同期させられるところに、タスクシュートのユニークさがあり、仕事や遊びや読書に強烈に没頭していても「いい」という感触を生み出してくれます。

開始時刻や締め切りというもののあるイベントとイベントの間に、開始時刻が決まってはいないタスク群があって、それらをどう配置するかが、時間管理です。それは現実にみんなそうしているはずなのです。

 

目の前の仕事に集中するためのApple Watch起きてから寝るまでの使い方が分かる本

目の前の仕事に集中するためのApple Watch起きてから寝るまでの使い方が分かる本