佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

『フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法』を読んだ

 

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

 

 

なるほどもっともだ、と思いました。

しかし、本書を入手したり最後まで読了した本当の理由は、「47の方法」を読んで実践したいと思ったからではなくて、「こういう話題と触れている時間をもちたかったから」なのです。

別にフリーランスに限った話ではないですが、フリーランスというのは不意に強烈な不安に襲われることが、やはりあります。それもけっこうひんぱんにです。

そんなのはまったくない、という人もいるでしょうが、私は会社員をやっていたってそうした不安に襲われそうな人間のため、この種の不安からはむしろ逃れようがないと思っています。

しかし、この種の不安を話題にし、かつ、それへの処方箋が絶えず差し出されるという対話に、他人をつきあわせても仕方がないのです。

娘や妻と語ってどうこうするべきことでもなく、またどうこうできるものでもありません。

人には個人的不安があります。

しかしそんなものは新聞を見たってのってないし、(佐々木正悟の個人的不安が新聞に載ってたらコワいですね)テレビをつけてもやってない。ネットはもちろんちゃんと話題にしている処方箋も出されていたりもしますが、それはなにか「安心への誘導」であることも多い。

本にしてもそういう側面はありますが、本は少なくとも、本が出るときまった時点で著者はそれなりの対価を得るはずのため、それなりの情報を提供するだけの理由を著者はもっている。よほど手抜きがしたいというのでない限り。

ケースによって読者は、「著者につきあってもらう」のです。そういう読書の仕方は、けっこうあるような気がします。

個人的に私はライフハック系の本もメンタルハック系の本も、特にメンタルハック系は、そういうものとして出していきたいとも、思っています。

もちろん情報そのものの価値が第一義ですが、そういう話題に触れていたいが、怪しいものをわざわざ読み分けるのは一手間だし、怪しくないメディアではそもそも扱われてない、というジャンルがこの世にはあきれるくらい、あるのです。