佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

ここんとこずっと左腹部に鈍痛があってジンマシンに悩まされていた「原因」が少し思い当たったのですが

ここ2ヶ月くらいの話なのですが、タイトルのように、左腹部、ちょうどあばら骨が終わったあたりに鈍い痛みというかしくしく感があり、それからジンマシンに悩んでいたのです。

お医者さんにも行きましたが、話はよく聞いてもらえたものの、処方としてはアレロックをいただくにとどまりました。「様子を見ましょう」というあれですね。

アレロックでジンマシンはぴたりと止まりましたが、鈍痛はやまず、だいたいイマイチ体調も優れない。自分にしては驚くくらい食欲不振で体重も4㎏くらい、減ってしまいました。

まあここのところやけに忙しく、寒暖の差も激しい気がしますし、いろいろあったといえばあった。しかし、下痢しているわけでもなく、そんなに変なものも食べてはいない。どうもよくわからない。

でずっと悶々としていたのですが、今朝になってふと「なぜ今日は、腰が痛くないんだ?」と思ったのです。私は腰痛持ちで、朝はたいていイタイのです。

そして「なぜ今日は腰が痛くなくて、久しぶりにジンマシンが出たんだ?」と考えてみたところ、「昨日久しぶりにインドメタシンを貼ったからだ」と思い至ったのでした。

 

最も多い副作用は胃腸症状である。重症化することはめったにないが、胃潰瘍などの消化性潰瘍にも念のため注意が必要である。

人によっては発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれがある。アレルギー体質の人や、元々喘息にかかったことのある人には要注意である。

インドメタシン - Wikipedia

 

これが直接の原因かどうかまでは、よくわかりません。ただ、年末に一度、2月に一度ぎっくり腰に見舞われ、インドメタシンを多用しまくったころから胃腸の調子がおかしくなって、ジンマシンも頻発するようになったのでした。

そういえば最近は、貼ってないんです。そうしたら食欲が回復してきて、なによりジンマシンが消えていた。アレロックやめたのに。そういうことなのかも、と思った次第でした。