佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

ネガティブになったらモーツァルトの短調の曲を探す

私は性格的にネガティブです。はっきり言ってすぐ落ち込みます。

これは、決してフリーランス向きではありません。

将来の不安定なフリーランスが気分的にすぐ落ち込んでいると、危険です。この危険はある意味で本質的なものであり、

  • ウツになりかねない
  • がんばればできる事も手放したりして経済危機を招く

といった具体的リスクが深刻です。

というわけで、ネガティブになったら無条件で下支えしてくれる何かが必要です。私の場合それは音楽で、クラシック、ではなくモーツァルト、でなければなりませんが、落ち込みがひどいとき、明るい曲は空々しく響く(これを「同質の原理」といいます)ため、短調の曲を探します。

残念ながらモーツァルトはどちらかといえば長調の作曲が多い作家ですが、短調にも素晴らしいものがあるので、それを聴いて小一時間くらい過ごすのです。

http://www.geocities.jp/pianistkibun/gakusya/hima/2.html

これだけでは物足りないときは、オペラの短調を聴いたりします。なぜかすっ飛ばされる事がしばしばある、せいぜい2分間の、「フィガロの結婚」の第4幕冒頭の作品を単独で聴くことが多いです。

www.youtube.com

 

これを聴くと子供のころ、実に実につまらないものを一生懸命、この世の終わりみたいにして大騒ぎで探していたときの気持ちがよく思い出されます。今でも覚えていますが、西洋紙でなければ提出不可とされていた小学校4年だかの時の図工の制作物の「紙」をこうして探していたものです。腹立たしい!