佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

落ち込みだしたら散歩

今日ののきばトークで倉下さんから「佐々木さんと僕が真逆なところ」と言われたのが、未来に対する気質ですね。未来全般ではなく特定のことがらについての見通し、かもしれませんが、私にとってはどちらも同じ。

私は基本感情がやや薄暗めなのです。

www.youtube.com

 

そのためどうも物事は、うまく運ばないような気がします。これは決していい事ではなく、根拠薄弱な場合には特によくないと思っています。少なくとも健康には良くありません。

根拠もなく自分がガンだと思っているせいでガンになったりしたら最悪です。そう思わなければならないですむんだったらバカげているにもほどがある。

とまで思っているのに、治りません。

でずーっと続けているのが散歩なのです。加えて散歩中にモーツァルトを聞くこと。今日は弦楽四重奏の18番を聴きました。ハイドンセットというヤツですね。

 

モーツァルト:弦楽四重奏曲第14~19番

モーツァルト:弦楽四重奏曲第14~19番

  • アーティスト: ジュリアード弦楽四重奏団,モーツァルト
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2006/06/21
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

これはだいぶ効果あります。少なくとも聴きながら散歩している間は、年がら年中ネガティブセンスな私ですら、そうでなくなるのです。

だいたい、音楽と散歩というのは相性がいいようで、サティやベートーベンなどは、散歩中に作曲のアイディアが頻繁に思い浮かんだので、天候が悪くなったり戦争のせいで散歩ができなくなると、生産性が落ちたという話すらあります。