佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

Evernoteの得意なこと、苦手なこと

Scrapboxをメインの「メモ帳」として使うようにしてから、Evernoteがスッキリしてきました。

あきらかにEvernoteには得手不得手があるので、不得手なことが取り除かれているのです。

Evernoteに苦手なことというのは

  • 関連検索
  • 外出時の利用

圧倒的にこの2つです。関連検索は、これはまあScrapboxをのぞけばだいたいどのツールもそう得意ではないとしても、外出時の利用がこうまでやりにくいのは困ります。

逆に得意なこととしては

  • 写真混在ノート
  • ウエブクリップ
  • オフラインでの利用

といったところになると思います。

とにかくiPhoneを使ってようと、何のウェブブラウザを使っていようと、クリップする先としてはEvernoteが欠かせません。

さらに、写真を直に送ったり、写真つきメモを送るとなったら、Evernoteがいちばん「原形をとどめて」くれるようになっています。

また、専用アプリがちゃんとしているので、オフラインでの利用も十分に可能です。

こういうツールはなにに使うと最も威力を発揮するかといえば、「時系列に並べる使い方」です。特にライフログでしょう。

ライフログに写真がないと臨場感がいかにも足りなくなります。

また、日記は基本的に「時系列に同じ形式で並んでいる」のがいちばんです。Scrapboxに比べてタグが付けにくく、DayOneなどに比べてiPhoneからの読み込みに時間がかかるとなったら、「データベース的な整理」には向かないのです。

むしろ、とにかく同一形式のノートを時系列に並べておくのがふさわしい。そういったものは、テキストばかりではなく、むしろレイアウトが大事なものです。ライフログ、PDF、ウェブページといった情報を管理するのがEvernote向きです。

そう思うと、今のEvernoteにいかにも足りないものもいくつか浮かび上がってきます。私としては真っ先に、Googleカレンダーなどと連携して欲しい。

この請求書は、いつのなにに使ったものか?それはGoogleカレンダー上に「倉園セミナー」などと書かれているものなのです。

 

Evernote仕事術

Evernote仕事術