佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

『血の轍』最新刊をあっさり読了。話はこれからだ

 

血の轍 (4) (ビッグコミックス)

血の轍 (4) (ビッグコミックス)

 

 今回も相変わらずママは怖いが、第1巻の時ほど不気味ではなくなっている。

とは言え、中学生になる息子のガールフレンドを突き止めて、誰がどう見てもそのままにしておくはずがないので、事態は核心に近づいた。

不気味さというのはわからなさなので、「他人事」なのに先が気になってしようがなくなるのである。これはミステリーなのだ。

『悪の華』は不気味な同級生の女の子に対するミステリーと言うより、レンアイものとして最初は引っぱられた。それが知らず知らず、不気味な女の子の方がはるかに魅力的に見えていき、だからミステリーになっていった。

 

惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)

惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 ただでさえ続きが気になるのに、押見修造独特の無音声でどんどんページが割かれてしまうものだから、面白いけど「実はほとんど話が進まないうちに一巻が終わる」のである。

しばらくはまた先が気になったまま我慢しなければならない。