佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

「他人のタスク」は管理できない

私はいわゆる「チームでタスクを管理する」という発想に非常に懐疑的です。

タスク管理は「個人的すぎる」というのは、しばしばタスクシュートに寄せられますが、ちょっとした共有機能をつけるのは、むしろよろしくないと思う。つけない方がいいです。

私たちには、他人から観た風景が、見えません。想像力を駆使して、といったりしますが、想像はあくまで主観的な類推であって、私たちにはたしかに「サリーとアンの課題」くらいは解けますが、だからといって他人の観ている風景が見えていることにはならないのです。

心の理論 - Wikipedia

だいぶ昔になりますが、ある日、娘が私に「昨日怖い夢を見た」と報告しました。このとき、なるほどと思ったことが、人間は誰に教わることなく、「夢は自分一人が体験しているのであって、隣に寝ている自分の親も、その内容を見ることはない」と理解できるわけです。

が、夢の内容をどの程度報告すれば、どのくらいのことが伝わって、その「深刻さ」などを私がどう受け止めるかといったことについて、娘にわかるはずありません。

同様に、仕事の内容をどのように報告すれば、どのくらいのことが伝わって、その「深刻さ」を部下がどう受け止めるかといったことについて、上司に分かるはずがないのです。

それを「分かるはず」とみんなが思ってしまう。タスクを共有したくらいで、それを実行しようという気にみんながなってくれると考えるのは早計というモノです。もしかすれば、1000回言われるまで見もしないかもしれません。