佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

タスクシュートとは、時間管理総合システムなのです

nomicoさんのこの記事、私はハラハラドキドキしながら追っかけているのですが(どうしてかw?)、これにハラハラできるのも私のような者の特権でしょう(笑)

 

www.works4life.jp

 

ここには、時間管理とタスクシュートを理解する上で、とてもとても大切なことが書かれているのです。

まず、記事内には、相互に無関係とも言える3つの話が登場します。

しかしこの3つは全部が全部、時間をうまく使うためには欠かせません。一見関係ない3つのことを、1つの目的のために関係づける必要がある。それがなかなか難しい。

タスクシュートとは、時間管理総合システムなのです。これがけっこう伝わりにくい。特定の一面だけが強く意識されてしまう。たとえばそれは見積もり時間だったりするわけです。

少なくとも、私にとって、スケジュール枠に予定を入れるというのは、そう約束することが暗黙の了解で実施されるのだ。

そしてこれを実現できなかった場合、私は、わけのわからぬ罪悪感にとらわれていた。

その罪悪感とは、強制的に約束した内容を自分が守れなかったことに対してである。

ひとつ目が、これです。非常によくある話なのです。自分で決めたことを自分で守れないと、自分でイヤになってしまう。だからそもそも約束なんかしたくない。でもそれではタスク管理ができない。そういうジレンマです。

タスクシュートはこれが起こりにくいシステムにはなっています。起こらないわけではないですが。

なぜ起こりにくいかというと

  • タスクはリピートが大半のため自動生成されるようになる
  • 時間的制約をハッキリさせるため「できない」ことをあきらめやすい
  • リピートは、今日できなくても明日やればいいという選択ができるから

他にもありますがこれくらいにしておきましょう。とにかく、一般的には男が好きだという「やるか、やらないか」になりがちなのですが、そこを回避しやすい仕様なのです。

旅行のためログ取りはしなかった。他の人はこういう非日常時はどうされてるのかしら。やっぱりログは取るべきなんだろうか。

2点目が、これです。絶対に「非日常時」は発生しますね。

「やっぱり取るべき何だろうか・・・」といって放っておくこともできます。これは、タスクシュートの私が思う非常に優れた点であって、断絶から回復する機能を一通り持っています。

タスク管理を最初に始める人は、このことをほぼまったく考えない。タスク管理は、間が空けば空くほど再開を受け付けなくなるので、1つのツールを使い始めたら、どこでどのくらい間が開くか、間が開いたらどうするかを、予め考えておく必要があるのです。

タスクシュートはそこまで考えておく必要がない。リピートタスクがまったく状況にあわないようだったら(たとえば重病になったら)全削除しても、翌日まったく同じようなリストが用意されます。

これは蛇足になりますが、Todoistであれ、アウトライナーであれ、一般的にタスク管理する上で挫折しないための大事なポイントは、間が開いてしまったら真新しいタスク群を用意し、なるべくそれらをリピート設定にして、旧タスク群はその下に組み込んでいくことです。その組み込み作業をも、タスク管理の一部とみなす必要があります。

特に潔癖な人は、「間が開いた後の旧タスク群は見るのもイヤだが、それを削除するのもなんとなく怖い」ということになりがちで、そこで手が止まってしまうからです。

間が開くことは必ずあります。どんな人でもあるのです。そのことをツール設計側が前もって考えてくれてないのが、おかしいのです。

ちなみに私は重病の時は重病ログを取りますが、取らなくても「空白というログ」が残ります。これがタスクシュートです。「この日に何かあったのだ」ということが、日常との対比によってあぶり出されるわけです。

朝の時間があまると、だいたい「ちょっと遊んでもいいよね?!」と思って別なことをし始める。

で目算が破れて思った以上に時間を遅れて家を出る、ていうのが通常だった。のだが、今日初めてこれを阻止できた。

たすくまで今後の予定が経っていると、この時間に家から出たい場合は、実はそんなに時間はない! ということが分かる。

 で、3つめはこれです。これもまた時間管理の大事なキーですが、1つめの「罪悪感」の問題と、ずいぶん違う問題です。こういったものを全部ひっくるめて1ツールで管理しないと、時間管理はうまくいきません。

タスクリストという同じ部分に「罪悪感」のことも「時間の可視化」のこともあるからです。ただ、可視化すれば時間管理になるケースと、罪悪感の有無が問題になりがちなポイントは、異なるものです。そういうのはだいたいにおいて、別々のライフハック(たとえば先送りのマインドハック)やツール(リマインダーなど)に問題が預けられていって、なかなか解決を見ない。

「人間は一人一人違うのだから、どれを使うのが正解ではなく、自分に合ったツールや方法を選択するのが大事」という話を聞くにつけ、「それは話としてはいかにも正論ですが、実際はそんなに単純じゃない」と感じて黙ってしまうのは、「時間管理には総合システムが必要だから」なのです。

そして総合システムはあんまりないのです。