佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

心拍数を速めることがなぜ先送り防止になるのか?

cyblog.jp

という記事を書いたわけですが、これは一種のライフハックだとして、どうしてこういうことが言えるのか。

睡眠の状態を心拍数で分析するアプリがApple Watchによく見受けられます。

英語ですがその種のアプリではしばしば「チャージ」「リチャージ」といった表現が使われています。

つまり、心拍を「遅くすることで深い眠りにつくこと」は、バッテリーを充電するような役割を果たしているというわけです。

ということは、覚醒時の心拍が早い状態は、iPhoneで言えば「消費電力が大きい」というわけです。スマホでも人間でも、そうなったときの方が仕事が速そうではあります。

心拍が速いということは血流量が多くなるわけですから、酸素といい糖質といい、つまりカロリーをよりよく使うことができる、ということになるでしょうから。