佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

GTDで洗い出しを終えても、タスクの実行で焦らないようにする

タイトルがいまいち決まらなかったのですが、要は「さあタスクを実行しないと!」とか「なかなかタスクが片付かない」などという気持ちを抑えましょう、ということです。

気になることをことごとく書き出して、頭がスッキリした!

というのはこのまんまです。これ以上でも以下でもありません。

気になることを書き出してスッキリした!だからこのままの勢いで、タスクをやっつけてスッキリしよう!

という流れに乗ろうとするのは、あんまりいいことではないと私には思えるのです。太字の部分は前段と無関係の何かです。

洗い出したことが全部できるなどとはどこにも書かれてないはずです。タスクシュートも同じです。

デイリーリストが片付くなどとは、誰も言ってはいません。ついでに言うなら「一日一箱」(マニャーナ)でも同じ。

「箱を閉じれば箱の中のタスクは片付く」などとは誰も言っていません。片付くというなら、それは嘘です。

私はタスクシュートでデイリーリストを中心に置き、その周辺機器としてプロジェクトリストをあたかもチェックリストのように用いています。

プロジェクトは、デイリーリストの中で進め、気が向いたらプロジェクト・チェックシートをのぞいてみて、終わっているやつはチェックしていく。(これを私はプロジェクトリストと呼んでませんが、GTDから話を始めたので便宜乗こうしておきます)。

 

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

 

 

気になることを洗い出して整理するのは、記憶を外部化するためではない、と私は思います。忘れ去ってしまうためでもない。

万一忘れてしまっても大丈夫なように、ある種の保険をかけておくのが書き出すことの意味です。

外部脳を作るのではなく、記憶のバックアップをとっておくような感覚です。やるべきことは覚えている。忘れてはない。しかし書き出しておけば、安心だ。

それに整理を一回やっておけば、もう一度整理する必要はなくなります。

おそらくとても気になるプロジェクトであれば、そのことを忘れたりすることはあり得ないと私には思えます。ただ、ずっと頭の中だけにあると、不安にはなる。この不安は余計なので、払拭したいのです。

それに頭の中だけでは整理しきれない。いったんある程度整理しても風呂にでも入ったらまた混乱してしまう。そんなのは無駄だから整理してどこかに保存しておく。

これはタスクリストとは言いがたく、プロジェクトリストと言ってもなんか違う。プロジェクト用の参照チェックシートです。

それを私は今ASANAで管理しているのですが、一部Dynalistにもあり、一部はEvernoteにもある。参照先がどこであるかを明示しておけば、いくつかあっても大丈夫です。

ここまで書いて、冒頭のタイトルの件に戻るのですが、「タスクを終わらせよう」と焦ってしまうと、おそらくはその膨大さに圧倒されます。

プロジェクトシートのことは、まあいいのです。日々やるべき最低限のことだけは、日々やっていれば。書いてあるプロジェクトは逃げない。(だから安心)。

とはいえプロジェクトのことは気になるでしょう。気になるプロジェクトがあるならなおのことです。だから、余裕はないでしょうが、少しでも余裕があったら、なんか気の向くことをやります。

(やったことは後でチェックシートでチェックを入れます。これはきっと気持ちがいいでしょう)。

これをネクストアクションとしてあらかじめ決めておくとおりにできるのは、ある意味では調子がいいからできることです。あまりにつらいとそうはいきません。

日によってはプロジェクトのことを考えただけで終わることもあるでしょうが、まあいいのです。プロジェクトは逃げませんから。

f:id:nokiba:20190131183536j:plain