佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (字幕版)」をみた

 

 映画はあんまり見るほうではありませんが、プライム会員は無料ということもあって、みました。

アカデミー賞受賞記念!辻一弘に密着したドキュメンタリーが再放送 - 映画ナタリー

このドキュメンタリーをたまたま見ていたから、ということもありました。

この作品、いろんな見所があるのですが、私にはヒトラーの「電撃戦」の「速さ」が見所と思えました。

ナチス・ドイツが電撃的にフランスを侵略してしまい、英仏両軍が最後はダンケルクにまで追い詰められていく。戦闘シーンは実際そんなにないのですが、その「速さ」がイギリスとチャーチルの苦悩という形でよく伝わってくるわけです。

悩む間もないというか、それでも悩んでしまうわけですが、悩んでる間にも英仏はどんどん敗退していく。当たり前ですがヒトラーは待ってくれません。

こういう映画を見ると、つくづく、「有事の際」に民主主義という政体を維持する難しさを感じます。

どんどんナチスが迫ってきて、本土も国王すら危ういときに、国会で紛糾して政敵と争っている場合か?!と普通の感覚で思ってしまうでしょう。

チェンバレンはもちろん、チャーチルや国王ですら、つまるところ人間です。彼らが常に正しい判断ができるわけではなく、判断ミスすれば何人死ぬことになるか想像もつかない。

そういう状況では、人は誰か頼りがいのある人に、判断を預けてしまいたくなる・・・ワケですがもっとも頼りになりそうな人が、存外頼りなかったりするから怖いのです。

 

nokiba.hatenablog.jp

チャーチルは自らの退陣の危機はなんとか乗り切りました(私たちはその歴史を知っています)。映画はそこで終わっています。しかし状況は全く変わっておらず、彼はその後の歴史にも絶大な影響を与え続けます。

そして、当然ながら光もあれば影もあります。

 

ダンケルク(字幕版)

ダンケルク(字幕版)

 

 

 

英国総督 最後の家 [DVD]

英国総督 最後の家 [DVD]