佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

Feedlyでないとだめなんです

anchor.fm

こちらを聞いていて、「あ、これは説明不足でした!」ということでちょっと補足しますね。

先日シゴタノ!のほうに

Feedly PROプランに移行しました | シゴタノ!

という記事をアップしたのですが、

なにを佐々木はやっとるんじゃ?!

と思った方も多かったかもしれません。

有料プランにした理由を書いておいたわけですが、「RSSリーダーの広告を消す」だとか「記事にハイライトをつける」だとかいったことなら、お金払わなくてもなんとかなりますね。
(とは言え無料でハイライトするにはいろんな制約があるんですが)。

ですが私の場合には「Feedlyでそれをする」ことに意味があったのです。その辺の前提をすっ飛ばして書いていました。

ごりゅごcastさんでも

Reeder 3

Reeder 3

  • Silvio Rizzi
  • ニュース
  • 無料

 の話題が上がっていましたが、これもありますね!

というか、まさにこれを導入したあたりから、私の情報収集迷走が始まりました。

Reeder3は、基本的にはiPadで使うアプリです。iPhone版とともに優れたアプリですが、私は実はこのデザインがかなり苦手なのです。これ以上のことは控えますが。

また、iPadでたくさんの文字を目に入れていると、ひどい頭痛に襲われることもわかりました。

というわけで、私は「記事を読むならMacでFeedly」なのです。これが大前提であり、Inoreader(これには未だに未練があります。Feedlyよりもずっといい点もあります)すらもどうしても受け入れられず、iPhoneで記事を読むとかいったことは、そもそもだめなのです。

 

Feedlyで読むという大前提から、次にどうしても必要としたのが

  • 部分的にメモをEvernoteにクリップしたい

ということでした。そんなのはFeedlyからダイレクトに、またはFeedlyからブラウザで記事を直接開いて、その上で選択範囲をウェブクリップすればいいようですが、これは数が増えてくると相当の手間です。

そのてまを「Highlights」は省いてくれます。それに月額約500円は正直高いです。高すぎると思いますが、

Feedlyで読んでいて、気になったらハイライトすれば黙っていてもEvernoteに保存しておいてくれる

というのは私にはピンポイントでつき刺さるのです。そういうことなのです。

 

  • Feedly → Reeder3 → Instapaper → Highlites → Evernote

だってそこまで大きな違いはないだろうと。それで月額500円が節約できるのだぞ、と。

しかし、意外に大きな違いが私にはあるんです。

  • Feedly → Reeder3(軽い頭痛) → Instapaper → Highlites(数滴制約を解除するには月額約300円) → Evernote

しかもInstapaperで読むよりもFeedlyで読むほうが、私ははるかに好きなのです。

feedly.com

f:id:nokiba:20190305170111j:plain