佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

ASANAの並列タスクとDynalistの階層式タスク

本の原稿を書くとなったら、「プロジェクトの中のタスク」はわんさかでます。これはしようがないでしょう。

このような原稿執筆のための「やること」は、どんなツールであつかったらいいだろう、とふと、考えました。

アウトライナーで、というのが私の答えでした。

こういうタスクを並列で扱うのはとても難しい。50のライフハックをとにかく順不同で書けばいいというのとは違って、本は、大まかにまず読者向けメッセージを書いて、次に説明をして、それからハックを少々、といったような構造を持っているので、「ある程度まとまっていることを一括管理できないと面倒だ」という事情があります。

並列タスクとしては、たとえば「引っ越しまでにやることリスト」などがいいでしょう。こういうのはASANA向きです。

住民票を取ることと、ご近所さんへの挨拶めぐりは、順番こそありますが、上位下位の階層で整理する理由がないからです。

つまり、階層と並列にはどういう違いがあるかというと、タスク中心か、企画中心かということです。

住民票はタスク中心。タスク自体をやることに重みがあります。

本の中のタスクは、企画中心。本が出てしまえば、やらなかった項目のことなど、どうでも良くなる。

大きめのタスクでしかしあくまでタスク中心でプロジェクトと呼べないようなものを管理するのが、ASANAのようなツールです。

そうではなく、いろんなやることを有機的にまとめ上げる本を書くようなプロジェクトで、ただ、やるべきことのいくつかはやらなくて済むようならアウトラインです。

f:id:nokiba:20190214173049p:plain