佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

驚いたら書く

最近ブログを更新する余裕がなくてちょっと間を開けていたら、掛けなくなっている。
とは言え、書けてないのはブログだけなので、ブログを書くということと、本の原稿を書くということは、実はまったく違う行為なのだ。

まったくちがうは言い過ぎかもしれないのだが、相当に違う。このことは最近#凡人本として出版されたやままさんも書かれている。ただしこちらでは逆方面からの言い方になっているけれど、いっていることは同じである。

書くことはないわけではない。しかし書くほどのことがない。そのように考えること自体が余計な足かせだということになるのだが、書くほどのことがないような気はしてしまうのだ。つまり書くほどのことがなければならないと思っているフシがあるのだ。

本を書くに当たって、いちばんいいのは驚いたら書く、ということである。ブログもできればそうだといい。ただ、ブログの場合、実は本よりもそうやるとハードルが上がってしまう。毎日驚く必要が出てきてしまうからだ。感性がみずみずしければそういうことも可能だろうが、もう私の感性は使い古されつつある。

もうひとつは、たとえ驚くほどのことがあったとしても、日頃の読者がそれを好まぬのではないかと邪推してしまうということがあるのだ。そうして実際、好まれないということも起こる。ただしそれはもう、ほどよくスルーしてもらうに限る。

あんまり考えていると書けなくなる。書けなくなるとは、そういうことでしかないのだ。