佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

平凡とはプロということ

そう、おもいませんか?

子供のころからずっと思ってきたのですが、「ふつうだな」と思うとき、私たちはプロの仕事を見ています。

昔、まだチャンネルがリモコンですらなかったとき、ガチャガチャ回してNHKお昼のニュースを一家で毎日見ていました。

「お昼のニュースです」

 

あれ見てたった一度も「すげえなあ!さすがはプロのアナウンサーだわ!」と思ったことはないし、そう言っていた人もいませんでした。

ふつうである。いつも見ている。当たり前の光景。

それは、レアなのです。

プロ野球でも、打率2割ちょうどくらいの「7番バッター」が「平凡なセンターフライ」を打ち上げて「あぁ〜」とみんながため息をつくというとても平凡な光景があります。

千回くらい見たような光景ですが、ああいう打球を打てと言われても私なんかでは一生に一度も打てないし、あんな打球を外野手として捕球するのも絶対無理。

見た目ものすごくありきたりなことを実行することができるのは、プロばっかりです。「一般人」が野球をやってもテニスをやっても、平凡な光景は現れず、笑いを取るような光景になってしまうのです。

EvernoteとかWorkFlowyとか当たり前のことが当たり前になるようなサービスでは「いろんなガジェットで同期がとれます!」とか「ノートブックごとにノートを整理できます!」とか「タグがつけられます!」などといった「平凡な」特徴しか出てきませんが、それが全部できるのは「平凡の星」なのです。

新聞記事を読んでいても、誤字が全然出てこない、いかにもいつでも読めそうな眠くなるような文章が出現します。

 

 

凡人の星になる: 月間10万PVの雑記ブロガーが「凡人」を武器にするまでの七転八倒

凡人の星になる: 月間10万PVの雑記ブロガーが「凡人」を武器にするまでの七転八倒

 

 今度お昼になったらインターネットラジオで「お昼の時間です」とつぶやいてみましょう。それをごく当たり前に聞こえるように言えたらプロ中のプロです。

anchor.fm