佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

目標は楽しんでもらうことです

 

目標というのは、設定しなければなりません。とりたてて設定などせずとも、自明に存在する目的とは、その辺が違います。

たとえばプロ野球チームの目標は、通常優勝でしょうが、目的が優勝とはあまり言いません。

目的としては、野球を楽しんでもらうのも目的でしょうし、ビジネスも目的でしょうし、経営そのものは赤字でもマーケティングという目的があるでしょう。

目的は本来、行為を実行すれば自然と果たせるようなものであるはずです。それが通常は複数あります。なんとかドリンクと違って食事の目的は栄養補給ばかりではありません。

目標は設定しなければならないものですが、ということは、達成できるとは限らないという意味でもあります。実際現在すでに6勝10敗で借金が4つもあるわが千葉ロッテマリーンズは、「優勝」も「プレーオフ出場」という目標も、達成がかなり困難に見えます。

www.marines.co.jp

私の仕事のどれをとっても、やっぱり目的はたくさんあります。本を書くのは、本を出すのがそもそも目的ですし、もちろん印税をいただくのも目的ですし、自分の考えを文章化して、わかりやすく伝えるのも目的です。

でも私は一応作家なので、「本を出すこと」は決して目標ではありません。それでは困ります。

目標は、重版出来でもいいのですが、出版社さんや担当編集さんに喜んでいただくためにも、重版をぜひ達成したいとは思いますが、重版を目指して「書く」というのは、正直リアリティがありません。

書く内容次第で売れ行きが500部かそれとも5万部になるかが決まるというには、どうにも思えないからです。

だから重版が出たらいいなとは思います。でも書き手ができることは、読み手の人に楽しんでもらって、あわよくば為になるといいと思います。

ただそれはけっきょく、楽しまれるかどうかは、努力の余地はあっても私の手の届かないところなので、「優勝」と同じく目標なのです。

f:id:nokiba:20190418144038j:plain

Photo by Oliver Schwendener on Unsplash