佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟の公式ブログです。なるべくならお役立ち情報を出していきたいと思っています。

Hな本はKindleに限る

タイトル以上のことはなにもありませんが、要するにこっそり読めるということです。

私はよく思うのですが、トルストイの全集とか、フランス書院の全集というものほど、Kindle向きなものを他に知りません。

まず、本という体裁がまるで無意味なほど、コンテンツ自体の比重が大きい。表紙なんかなくてもいいほど。

次に、外にそれがあったところで他人と共有する気がしない。Hコンテンツというのは、たとえ男性同士であっても、およそ他人の趣味が理解しがたいもので、「なぜこんなものを?」と自分のことを棚に上げがちです。

トルストイの本も同じようなところがあります。

だがリディヤ夫人は、たとえ自分に関係がなくても何にでも興味を持つくせに、自分の興味を持ったことを人が話してもけっして聞こうとしないという気質だった。

 

アンナ・カレーニナ(上) (新潮文庫)

アンナ・カレーニナ(上) (新潮文庫)

 

 

 こんなところを人に引用して見せても、イヤミだと思われるか、それともこの内容と同じような結果に終わるのが関の山です。そういう意味で、他人と共有しがたい。

それなりに多くの人が読むにもかかわらず、愛好家同士でさえ(愛好家同士だからこそ)お互いに共有するのはなんとも難しい、自分の中に閉じこもりがちなコンテンツ。

そんなのはKindleに閉じ込められるべきなのです。押し入れの奥なんて、安全ではありません。