佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

すべてはタスクです。そしてリピートタスクです

今日のポッドキャストでした話は、一気にしゃべったのでわかりにくい場所があったと思いますので、補足します。

anchor.fm

要するに私にとっては、プロジェクトとはリピートタスクなのです。

粒度が少しだけ大きめの「タスク」は扱いにくいと思います。

それをプロジェクトにするには小さいし、しかし一発で終わらせられるタスクではない。

そういう言い方は、タスクシュートでは受け入れがたいのです。

むしろ、すべてはタスクです。そしてリピートタスクです。

マクゴニガルのあの指摘を思い出してください。

私たちは、明日は今日とちがう選択ができるにちがいないと思いますが、そうはいかないのです。

今日はやっぱりタバコを吸うけど、明日からはきっぱりやめよう。

今日はジムをサボるけど、明日は絶対に行こう。

クリスマスのプレゼントは奮発するけど、むこう3カ月はいっさい買い物はしない。

 

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

 

 

これこそまさにタスクシュートです。まったく正しい。

にもかかわらず、多くの人はプライドが邪魔するから、このことを認められません。明日は明日の立派な私になると信じる心がタスクのリピート化の邪魔をするわけです。

だからこそタスクシュート・たすくまは、自動的に何でもリピート化してしまうのです。プライドに付き合っていると、タスク管理が失敗するからです。

ラクリンによれば、タバコを吸うなら「毎日同じ本数」を吸うよう喫煙者に指示すると、タバコの量を減らせとは言われていないにもかかわらず、なぜか喫煙量が減っていくといいます。

今日、原稿を書く時間だったのに、ついつい書棚の整理をしてしまったら、少なくともそのうちまた同じことをするのです。

そして、実はそのようにした方がいいということもあります。それを人は個性と呼ぶでしょう。