佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟の公式ブログです。なるべくならお役立ち情報を出していきたいと思っています。

あとで読むとはいつ読むのか?

読むことは、仕事をするための能力を向上させるための一番重要な行為の一つであるにも関わらず、ほとんどの人が読み物を後回しにしている。現実には、新しい情報を得るために、まず第一に行うべきことである。

これを読んで、反射的に思うことは何でしょう? 人にもよるでしょうが私が思うことは「本当かよ?」です。

現実にまず第一に行うべきことは、たくさんあります。

同じ本の中にも「何よりも最初に本を読むべきだ」と書かれていながら「何より優先すべきは他人への感謝だ」とあったりするし、同時に「何よりもまず休む必要がある」などと平気で書かれているものです。

私が本を読んでいてつい気にしてしまうことは、著者が本当に第一優先だと思っていることは、10〜100個の「最優先事項」のどれなのだろう、ということ。

もうひとつは、著者は本当にそれを第一に優先してやっているのだろうか?ということです。

一番最初に引用したことについて、私は信用しています。だからなるべく一日の早いうちにものを読むようにしていて、あとで読むとかいった機能を使わないようにしています。

どうして信用できるのかというと、書かれていた本が良かったからなのです。この本です。

 

奇跡の仕事術―自分の仕事をマネジメントする

奇跡の仕事術―自分の仕事をマネジメントする