佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟のブログです。ビジネス書作家のライフハックを中心とした生活ブログです

「書くための名前のない技術」が公開されました

この無駄っぽい二回転のスピードを上げれば速く書けるんです。そこでいろいろ悩まなきゃいいんです

 

書くための名前のない技術 case 1  佐々木正悟さん

書くための名前のない技術 case 1  佐々木正悟さん

 

 

作者とありますが、本書の作者は私ではなくて、Tak.さんです。

私はインタビューを受けただけ。

本書を一読して、けっきょくいちばん言えそうなことが、上記引用です。

無駄や二度手間を少しも惜しまないというメンタリティがあれば、本は必ず書き上がります。

何かストイックなことをいっているようですが、そんなことはありません。二度手間というのは、そんなにたいしたものではありません。

書き直せばいいだけです。書き直すのには絶対2倍の時間はかかりません。

3回書き直すとしても3倍の時間はかかりません。同じテーマの周辺でものを書くのであれば、徐々に速くなります。

無駄というのも、こと、本を書くのであれば、そう悪いことではありません。無駄に考えすぎても、文章としての痕跡があれば、いろいろと役に立ちます。

売文できなくても、日常生活で役に立つことだってありえます。

ストイシズムは、私の考えでは、いいことではありません。思いとかモチベーションとか気持ちより、大切なのは書くことです。

書けば書かれるのです。