佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟の公式ブログです。なるべくならお役立ち情報を出していきたいと思っています。

先送りを避けるために必要なのは意志力ではなく意志

 

nokiba.hatenablog.jp

 

この記事の中で、次のように書いてみました。 

ひたすら一歩だけのことを考えます。するといつの間にかコンビニに着いています。
とにかくあらゆる行為(仕事だけに限らず)について、このように考えない癖をつけることで、かなり仕事の先送りというものをせずに済むようになります。

 ここの「考えない」について異論が出るのだと思います。

「考えない」のは難しい、ということです。

 

そこで私が提案したのは「しない意志」を発動するということです。 

何かをするのを止める、ということはまだ、科学的に否定されていない「自由意志」なのです。

 

ここでちょっと注意したいのは

  • 意志を発動するのであり
  • 意志ではない

というところです。

意志となるとどうしても

「私は意志力が弱いので・・・」

という話になりがちですが、「強い意志力」はこの場合必要はないしあまり役にも立たないでしょう。

「考える習慣」がついてしまっているというのならなおのこと、必要なのは「しつこく繰り返す」ことであって「強い力を発揮する」ことではないのです。

そしてなんといっても、

「考えるメリットはゼロだ!」

ということを、これまた繰り返し思い出すことも大事です。

ついつい何度も考えに走りそうになるでしょう。

考えに走って先を見通してしまえば、その遠い道のりに心が折れます。それを先送りというのでしょう。

つい考えそうになる。それを止める。

一度に力はいりません。難しいことでもありません。

でも何度もやり直すことが必要なのです。