佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟の公式ブログです。なるべくならお役立ち情報を出していきたいと思っています。

「やる気が出ない」のか「実行に困難を感じている」のか

このふたつは違います。

よく「やる気が出ない」という言葉で、両方の意味を兼ねさせてしまうことが多いようですが、私は「実行に困難がある」方が圧倒的で、しかも人を悩ませていると思います。

ひとつの「困難そうな仕事」があって、それを先送りするとき私たちは「やる気になれない」というのですが、「この困難そうな仕事に手を出すのが気持ち悪い」という方が真実に思えます。

やる気が問題であれば、たとえばお金がよければやる気が高くなるかというと、それはないと思うのです。

ただ、お金がたくさんもらえるなら、もらえたときのうれしさが大きかったり、「お金がもらえるから!」と自分を鼓舞する気になれるだけで、やるときのイヤさ加減に違いはないと思うわけです。

だから実行に困難を感じているということがいちばん問題です。

この問題はしかし、「実行に困難を感じている」のは自分の内面で、現実の仕事自体にはそこまで困難さがないと判断できるまで、問題であり続けるに過ぎません。