佐々木正悟のライフハック心理学

ビジネス書作家・佐々木正悟の公式ブログです。なるべくならお役立ち情報を出していきたいと思っています。

「24時間いつでも本気モード」でも「疲れない人」になれる、まったく新しい考え方


いつも本気モード?!

とんでもない!!

本気で仕事だの家事だのをやっていたら、すぐに息切れしてしまうし、時間がいくらあっても足りはしない!

どうやって時短するか、省力化するか。それを実現するのが仕事術だろう?

エネルギーコストをなるべく少なくして、それでも必要最低限の質を維持して、なるべく多くの生産性を高めるのが仕事術だろう?

そう思っていますか?

私も完全にそう思っていました。

 

これまで、仕事に必要なエネルギーをギリギリまで節約し、それでもなるべく質や速度を落とすことなく、50何冊かのビジネス書を書いて、生きてきました。

なぜならそうしないと、とても生きていけない。ヘタをすれば死んでしまう!

生まれつきからだが大きくて丈夫な人なら良いけれど、自分はヘタレで虚弱体質なのです。
それでもこの過酷な競争社会で、人並みに仕事をできるようにしてくれたのが、仕事術であり、タスクシュートでした。

本気を出せ!
情熱を燃やせ!!
バーニングしろ!!!

そういう人とは、たとえ仲良くなれたとしても、その考え方には決して染まらないように気をつけてきました。

できるひとは、そうすればいい。
でも自分には、できないのだ!
それをやったら、死ぬしかないのだ。
そう本気で信じていたのです。

そんな私にとって、とても不思議な出来事が起こります。
2018年夏のことです。

私が決して信じてはいけない血迷った考え方であったはずの「物事に本気で取り組む」という発想を受け入れてしまったのです。

倉園佳三さんのWebマガジンの一文に

本来、最強かつ最速であったはずの自分を取り戻す

changes.jp

とあったのです。(こちらの記事は、第1話目のため、全文を無料でお読みいただけます)。

 

こういうとき、いつも私は同じ対応を取るのでした。

それはそれ、これはこれ。
私は私。彼は彼。
もっと言えば
「私は虚弱」「彼は強靱」

そうです。これです。


だからそれでいいのです。倉園さんは「最強かつ最速」であっても、「佐々木は虚弱かつ低速」で良いのです。

(ちょっと極端ではあります。これは「自己防衛」が目的だからこういうふうに自虐するのであって、四六時中こんなふうに思っていたことはないです)。

 

「グッドバイブス」はこれを一変させる考え方でした。私にとってまったく新しい考え方です。

結論から言うと私はこれをほぼ全面的に受け入れたのです。

とは言え、私が一変させたのは考え方であって、生活でやることは同じでした。

生活でやることは相変わらずタスクシュートに記録されていて、あまり変化がありません。

ここでは考え方を変えるだけで良いのです。

考え方を変えるだけで、大げさに言えば「何もかもが」手に入ります。

時間も、人間関係も、健康も。

(ここで、特に心理学関係にお詳しい人だと、佐々木は軽躁気味なんではないかと疑う方もいらっしゃるでしょう。それもよくわかりますし、自己判断で否定はできませんが、直接会っている方に「ハイテンションになった」とは言われてません。)

最近の佐々木はいったい何を言い出すつもりなんだろう(その疑問はもっともです)、という人にぜひ、大阪でお目にかかって、お話しさせていただきたいです。

nokiba.doorkeeper.jp